わんわん編集部

散歩,犬,梅雨,
ペットと暮らすトリビア

梅雨が来た!雨で散歩に行けない愛犬のストレス解消法【第51回】

編集部 まめお | 2018年06月11日


0

梅雨が来た!雨で散歩に行けない愛犬のストレス解消法

 

ワンちゃんが楽しみにしているお散歩ですが、雨の日はなかなか連れて行ってあげられませんよね。とくに梅雨の時期は、何日もお散歩に行けないことも。お散歩の中止は、犬にとって大きなストレスになってしまいます。そこで、雨の日でも自宅でできる、愛犬のストレス解消法についてご紹介しましょう。

目次

なぜ散歩に行けないとストレスが溜まるの?

犬にとって散歩は、欠かすことのできない大切なものです。
人間にとって散歩は「ちょっとした気分転換」「ちょっとした健康促進」くらいのものですが、犬にとって散歩は「運動不足の解消」「飼い主とのスキンシップ」「社会性の育成」、そして「ストレス解消」といった様々な役割があります。適度な運動はもちろん、飼い主と一緒に出かけて外の世界でたくさんの経験をすることは、犬にとってとても重要なことといえるでしょう。犬を散歩に連れて行くと、ノルアドレナリンなどの脳内物質のレベルが上昇することもわかっています。
そのため、散歩に行けないことは犬にとって一大事。「雨が降っているから今日は散歩お休みね」と言っても、犬にはわかりません。人間なら散歩以外にも読書やテレビなど様々な気分転換の方法がありますが、犬には散歩しかないのです。とくに犬は日々のルーティンを大切にする動物なので、毎日行っていた散歩に行けないと混乱し、大きなストレスとなってしまいます。
ストレスが溜まると、無駄吠えやトイレの失敗、いたずら、飼い主への攻撃など、様々な問題行動を起こしやすくなります。食欲不振などの体調不良を起こすおそれもあります。

 


▲2017年3月イベント「わんこ自慢大会・メロメロ賞」/kiyomiさんの入選作品
「わんこ自慢大会・メロメロ賞」入選作品発表!! 詳しくはこちら

室内でできるおすすめストレス発散法

できれば毎日散歩に連れて行ってあげるのが望ましいですが、雨が続く梅雨の時期はそれも難しいですよね。そこで、室内でもできる遊びをご紹介しましょう。お散歩の代わりに家の中で愛犬とたっぷり遊んであげることで、ストレスを溜めずに済むはずです。

●ボール遊び

いわゆる「とってこい」は、犬が大好きな遊びです。布製などのやわらかい素材で、犬が飲みこまずに噛んで運べるサイズのボールを用意しましょう。ボール以外にも、おもちゃやフリスビーでもOKです。
愛犬の目の前にボールをちらつかせ、興味を引きます。興奮している時はちょっと落ち着かせてから軽く投げましょう。愛犬がボールを咥えたら、「もってきて」と声をかけます。そして「ちょうだい」と言って手のひらを差し出しましょう。なかなか離してくれない時は、別のボールを見せて気を引き、口を開いた瞬間に「ちょうだい」と声かけするとコマンド化されます。

●引っぱりっこ

犬は本能的に「噛む」ことが大好きです。犬用ロープやおもちゃを使って、引っぱりっこして遊びましょう。
愛犬の目の前で、ロープを揺らして興味を引きます。愛犬が噛みついたら、引っぱりっこ開始。強く引いたり小刻みに引いたり、左右に揺らしたりして変化をつけると楽しんでくれます。やめる時は、飼い主にロープを近づけて動かすのをやめ、愛犬が口を離すのを待ちましょう。離した時に「ちょうだい」と声かけするとコマンド化されます。

●宝探し

ちょっぴり頭も使うゲームです。犬用のおやつやお気に入りのおもちゃを使って宝探しをしましょう。
最初は「待て」をした愛犬の目の前で、わかりやすいところにおやつを置きます。そして「よし」「探して」など声をかけて、愛犬におやつを探してもらいましょう。見つけたら食べてOKです。段々難易度を上げていって、物陰、クッションの下、毛布の下など、色々なところに隠しましょう。見つけたらサッと取れるところに隠すのがポイント。ワンちゃんも楽しみながら探してくれます。手のひらに隠して「どっちの手だ」とするのも楽しいですね。

●ミニアジリティ

アジリティとは、犬の障害物競走のこと。市販されている犬用の障害物だけでなく、段ボールやペットボトルなど身の回りのものを使って室内に障害物のコースを作り、遊んでみましょう。
段ボールに穴を開けてトンネルにしたり、くねくねと曲がるコースにしたり、ハードルを作ったり。アイデア次第で様々なコースを作ることができるので、雨が続く日でも飽きずにトライすることができます。

室内遊びの際に注意したいポイント

愛犬にとって危なくないよう、室内の環境をしっかり整えてから遊びましょう。普段慣れているお部屋でも、遊びに興奮したワンちゃんは家具にぶつかったりして思わぬケガをする可能性があります。テーブルや椅子を片付け、なるべく障害物を減らしておくと良いでしょう。片付けることで「遊び時間」のメリハリにもなります。またフローリングの上で走ると滑るため、絨毯やカーペットを敷いておくことをおすすめします。
そして遊びの主導権は飼い主が握り、遊び時間の始めと終わりをしっかりと決めてください。こうすることで、ワンちゃんにとって遊び時間が特別なものになり、より魅力的に感じてくれるようになります。愛犬が飽きる前に遊びを終わらせることがポイントです。

日本に住んでいる以上、梅雨はどうしても避けられません。しかし家の中でも、工夫次第で愛犬のストレスを軽減してあげる方法は色々とあります。億劫になりがちな雨の日ですが、愛犬を楽しませてあげてお互い快適に過ごしましょう。

 


▲2017年3月イベント「わんこ自慢大会・ガジガジ賞」/maromaroさんの入選作品
「わんこ自慢大会・ガジガジ賞」入選作品発表!! 詳しくはこちら

 

<<前の記事 | ペットと暮らすトリビア | 次の記事へ>>

0