わんわん編集部

犬,通報,虐待,
ペットを守る法律アレコレ

ペットを虐待している人がいたら、どうしたら良いですか?【第16回】

編集部 まめお | 2017年08月02日


1+

質問

隣の家の犬が虐待されているようで、見ていられません。
どうしたら良いでしょうか。法律的に犬を助ける方法などありませんか?

 

 

 

答え

保健所や衛生課、動物愛護センター、警察などに通報しましょう。

kuri
この記事の制作・監修

栗脇法律事務所 栗脇康秀弁護士
福岡県弁護士会所属。早稲田大学法学部卒。損害補償事件を中心に、依頼者に安心・納得・解決力をお届けします。
http://kuriwaki.jp/

動物愛護法7条1項では「動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない」、同条4項では「動物の所有者は、その所有する動物の飼養又は保管の目的等を達する上で支障を及ぼさない範囲で、できる限り、当該動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(以下「終生飼養」という。)に努めなければならない」と定められています。

これを受けて、動物愛護法25条3項では「都道府県知事は、多数の動物の飼養又は保管が適正でないことに起因して動物が衰弱する等の虐待を受けるおそれがある事態として環境省令で定める事態が生じていると認めるときは、当該事態を生じさせている者に対し、期限を定めて、当該事態を改善するために必要な措置をとるべきことを命じ、又は勧告することができる」と定め、飼い主に対して改善するよう勧告・命令することができることになっています。

そして、この勧告・命令にもかかわらず飼い主が違反した場合は50万円以下の罰金とされています(動物愛護法46条の2)。
また、ペットを殺したり傷つけたりした場合には2年以下の懲役または200万円以下の罰金(動物愛護法44条1項)、えさや水をあげなかったりする虐待を行ったら100万円以下の罰金(同条2項)とされています。

このように、飼い主はペットを大切に飼育する義務を負っていて、これに違反した場合は罰則の規定があります。
ですので、ペットの虐待が疑われる場合は、まずは保健所や衛生課、動物愛護センターに連絡しましょう。また、明らかに虐待をしている場面を見つけた場合などは、警察に通報するようにしてください。

 

<<前の記事 | ペットを守る法律アレコレ | 次の記事へ>>

1+