わんわん編集部

海外特派員/イタリアからボンジョールノ

南米ペルー犬猫紀行⑥『聖なる谷~マチュピチュ遺跡編』【vol.79】

特派員 Makicina | 2018年01月09日


1+

ボンジョールノ!
ペルーの観光のハイライトと言えば有名な「マチュピチュ遺跡」ですが、クスコからマチュピチュ遺跡の間には「聖なる谷」と呼ばれる場所が広がっていて、インカ帝国時代の遺跡が残る村々が点在しているんです。
遺跡観光ももちろん楽しみな村々ですが、私の一番のお目当ては村に立つマーケット♪

ペルーの民芸品って本当に可愛くて魅力的!
お店の大切な商品の上で寛ぐ猫ちゃん達↓。

こんな観光客向けのマーケットだけじゃなくて、地元の人達で賑わう食料品を売るマーケットも「どんな物が売られているのかなぁ♪」って覗いて歩くのがとっても楽しいんです♡

飼い主さんと野菜を買いに来ていたワンちゃん↓

こちらは、マーケットの片隅でご主人を待つワンちゃん↓

さて、お目当てのマチュピチュ遺跡は、こんな村をいくつも通り過ぎた山奥の奥の奥にあって辿り着くのが本当~に大変。列車とバスを乗り継いでやっとやって来ました。

遺跡内は保護の為、ワンちゃん達の立ち入りは厳しく禁止!
けれど、人の集まる所には必ずワンちゃん達の姿が…。
入場を待つ観光客の長~い列もお構いなしで熟睡するワンちゃん↓
そんな所で呑気に寝てると、踏まれちゃいますよ。

ワンちゃん達は立ち入れないマチュピチュ遺跡ですが、リャマの家族だけは特別待遇で遺跡の中で暮らしていました。

このリャマさん達、写真の被写体として観光客にも大人気!
いつか行ってみたいとずっと夢見ていたマチュピチュ遺跡「やっと来れたぁ~!(^◇^)」
期待を裏切らない素晴らしい遺跡でした♪

「南米ペルー犬猫紀行」最終回の次回は、日本ではなかなかお目にかかることの無い、ペルー原産のワンちゃんをご紹介します。

それではまた!
チャオ

<<前の記事へ | イタリアからボンジョールノ |次の記事へ>>

1+