わんわん編集部

ペットと行ってみた,
海外特派員/イタリアからボンジョールノ

ペルーの首都リマのワンちゃんは警官がお好き?!【vol.62】

特派員 Makicina | 2017年09月05日


0

行ってきました!南米ペルー犬猫紀行①『リマ編』

ボンジョールノ♪
暑いイタリアを飛び出して、「人生初の南米旅行」に行って来ました~♪
今回の旅行先は、個人的にずーっと憧れていたペルーです!
ペルーと言えば、ナスカの地上絵やインカ帝国の古代都市マチュピチュが有名ですよね。
観光も楽しいんだけど、ペルーのワンちゃんや猫ちゃんの姿もしっかりカメラに収めて来ましたよ!

まずは、ペルーの首都リマの中でも観光客の集まる近代的なエリアで見かけたこのポスター↓。
スペイン語ですが、イタリア語とスペイン語ってかなり似ていて、私でも大体の意味が分かるんです。

これ、多分この地域だけの条例だと思うんだけど、「捨て犬・捨て猫禁止」の表示です。
罰金4,050ペルーソル(日本円で約14万円)。

ペルーを旅していると、自由に独りで歩き回るワンちゃんがびっくりするくらい多いんです。
しかも、結構体の大きな仔が多くて「小さい子供が噛みつかれたりしないの?狂犬病とか大丈夫なんだろうか…」ってちょっと不安になりましたが、みんな大人しくて良い仔でした。

こちらは↓リマの中心広場で出会ったワンちゃん達。
この仔達、なぜか警察官が大好きみたい。

↑政府庁舎前。警備中の警察官の横でくつろぐワンちゃん

 

↑リマの歴史地区 ここにも警察官の横でくつろぐワンちゃん

 

そして、こちらは↑警察官の移動する列の伴走をするワンちゃん
観察していると、この仔達、警察官について一緒に移動しているんです。
なんでなんだろう?不思議ですね。

このワンちゃん達、みんな野良ちゃんなのかしら?
ペルーでは、飼い犬でも首輪なしで放し飼いにするケースも多いみたいで見分けがつきません。

 

さて、猫さん達はどこにいるのかな?
探してみますが、全然居ません…。あれれ?なんでニャン仔が全然いないのかしら?

…ですが、やっと見つけましたよ♪可愛い猫さん。
こんな↓黄金の冠や首飾りが展示されているミュージアムの中庭に…

多分、ココで暮らしていると思われる猫さん♪しかも2匹♡

可愛い~♪
楽しみにしていたペルーの猫さんにやっと会えたっ(^◇^)。
なんでペルーではこんなにワンちゃんばっかり多くて、ニャン仔が少ないんだろう?
ペルーの人に聞いてみたら「ペルー人は犬好きなんだ」と、いまひとつ信ぴょう性に欠けるお返事。
まぁ、これだけ自由に歩き回るワンちゃんが多いと、猫さん達は暮らしにくいのかも…。

「ペルーの犬猫紀行」はしばらく続きます♪
では、また。
チャオ!

<<前の記事へ | イタリアからボンジョールノ |次の記事へ>>

0