わんわん編集部

海外特派員/アイルランド

アイルランドの動物医療サービス【vol.10】

特派員 KT | 2017年06月02日


2+

こんにちは、アイルランド特派員のKTです。
我が家にやって来てもうすぐ2年になるベン君ですが、先月から体調を崩してお医者さんのお世話になっています。
まだパピーだった頃にお腹を壊したり、風邪の症状が出た以外はずっと元気だったので、本当に心配しましたが、今は少しずつ回復しています。
診察の結果から先に言いますと、首の骨のところを痛めてしまったようで、「頚椎ヘルニア」だそうです。

今回の経緯を通して、アイルランドの動物医療サービスの様子をお伝えします。

こちらがベン君のかかりつけ医 (英語ではVet ヴェットといいます) クリニックの受付デスク前です。

(診察の順番を待つ間、そわそわ気味のベン君)

診察中、首の辺りを触られるのをとても嫌がるので、おそらくその辺りに痛みがあるのだろうと、初診では痛み止めと、筋肉の緊張を和らげるお薬で暫く様子を見ることになりました。

改善されない場合は、レントゲンを撮るということで、その時に勧められたのが、ここのクリニック独自のケアープランへの加入。

毎月定額の費用で、レントゲン等の割引、毎回の診察料の他、血液検査、年一回の予防接種等が無料になる、というもの。

今回の治療と、数ヶ月後の予防接種を全て実費で払うことをざっと計算したら、加入をした方が断然安いので、即加入しました。今後、ちょっとしたことでも高い診察代を気にせずにお医者さんに連れてってあげられて安心です。

翌週にレントゲンを撮ったのですが、特に異常が見当たらず。
痛みが続くようなら、MRIが必要になるかもしれなとのこと。

「費用はおそらく2000ユーロ(約25万円)くらいしますが、大丈夫ですか?」と聞かれた時は、びっくりして固まってしまいました。。。
幸いにも動物保険に入っていたので、費用の9割ほどは保険でカバーしてもらえることがわかりました。

ベン君が加入している動物保険は、日本にもある某保険会社のものです。
保険料は基本のものでも決して安いわけでなく、今までずっと元気だったので、解約することもちょっと考えてたのですが、いやぁ、ほんと、加入してて助かりました!

そしてMRIの結果から、首に近い背骨のところに問題があることがわかりました。今はクリニックからイギリスの動物病院へセカンドオピニオンを依頼し、その返事待ち中です。

幸い症状は酷い方ではなく、手術はせずに、お薬とあまり激しい動きや無理な体勢を取らせないように気を付けることで、回復させようということになりそうです。

(ベン君のお薬。こちらは実費です)

これから先も動物クリニックにお世話になるんだろうと思いますが、思っていた以上に動物医療のサービスが整っていることに安心しました。

ペットといえども、大事な家族ですもんね。病気やケガをしてしまった時は、できる限りのことをしてあげたいと思いました。

ではでは、最後にベン君からひとこと。
「ふ〜。早く外で思いっきり自由に走り回りたい、とほほ…。」



<<前の記事へ | アイルランドはわんダーランド |次の記事へ>>

2+