わんわん編集部

海外特派員/特派員Bruceの香港通信

観光地「赤柱(スタンレー)」【vol.6】

特派員 Bruce | 2017年06月14日


0

香港は、どちらかというとグルメやショッピングなどで訪れる人が多い所です。
観光地になっているところもあれば、香港に住む欧米人が大好きな場所もあるので、いくつか紹介します。

香港島の南側に、香港最大の漁村だった

「赤柱(スタンレー)」があります。

海も小高い山もあって、小さなビーチ(僕(犬)たちは自由に入れません…)が
とってもきれいなところで僕もお気に入りです。

ここへは銅鑼灣(コウズウェイベイ)から「ミニバス」に乗って、40分ほどかけて行きます。
2階建てバスは、僕(犬)たちは乗れませんが、

ミニバスはOKです。

「赤柱(スタンレー)」行きのバスでも終点まで乗らず、ひとつ手前で降りました.

この「赤柱(スタンレー)」は、中環(セントラル) や中心街よりも
犬が入れるところや歩きやすいところがたくさんあります。
ただひとつの問題は、海沿いの街だってこと…。
僕は水が怖いので、海側を歩きにくいところがあります(笑)

まず、バス停から近い「赤柱街市(スタンレーマーケット)」を通って、海沿いまで行きます。

少し坂道になっていますが、上がったり下がったりしながら進む道を入ると、
おしゃれなカフェなどがあります。
ほかにも、小さな雑貨屋さんや香港風カフェがいっぱいあるところです。

さらに進むと、屋根付きのマーケットがあります。

「赤柱街市(スタンレーマーケット)」を通って抜けていくと、海沿いに出ます。
そこには「赤柱海濱小賣亭(スタンレー・ウォーターフロント・マート)」があります。
僕(犬)たちが散歩したり、ジョギングや散歩したりするのには、
とってもきれいでおしゃれなところです。

海沿いにあるレストランやカフェでは、
晴れている日にはお店の前にテーブルや椅子を出して、
屋外で食べるのが人気のスタイルです。

この日も、いつも行くお店に寄って、ママたちはサングリアを飲んでいました(笑)

香港の気候は、日本の冬がなく、春から夏が続いているような暖かく湿気の多い気候です。
2月から4月ごろには、雨が降っていなくても、湿度が90%超えることもあります。
海沿いはもっと湿気を多く感じますが、「赤柱(スタンレー)」は
雰囲気がとてもよいので、湿気が気になりません(笑)

また、香港の中でも暖かく、気温も少し高めのなので
南国に近い気候になるかもしれませんね。
南国の花や木がいたるところにみられます。

この先には「赤柱卜公码头图片(スタンレーフェリーピアー)」
「赤柱・美利樓(スタンレー・マレーハウス)」があります。
フェリー乗り場は、小さな漁業用ボートやプライベートフェリーなどの発着に使われています。

やっぱり、海沿いは苦手です。

香港の西洋建築では貴重な建物としても有名な「赤柱・美利樓(スタンレー・マレーハウス)」
最初は英国軍将校の住まいだった建物ですが
現在は「H&M」などのお店や観光会館として使われています。

歴史のある小さな街に集まることが多いのは、欧米人かもしれません。
休日や祭日には、ランチやブランチでビールやピザを食べながらくつろぎます。
犬もたくさん集まります。
レストランやカフェでは、僕たち用に水やアイスを出してくれるところがたくさんあります。

次回も行くのが楽しみです。

<<前の記事 | 特派員Bruceの香港通信 | 次の記事へ>>

0