わんわん編集部

海外特派員/Ninoのバーミンガム便り

公園で出会ったワンちゃん達!【vol.3】

特派員 Nino | 2017年04月10日


1+

こんにちは、イギリスはバーミンガムのNinoです。
今回は、散歩の途中で出会ったワンちゃん達を紹介しますね。
近所にある公園へ行くだけでたくさんの大型犬と出会えましたー!

まず最初はセントバーナード!スイスやアルプスの少女ハイジを想像してしまいますよねぇ(私はです)!常に毛がぬけるから掃除が大変よー、と飼い主さん。平均寿命を越えている9歳の彼女は、保護施設から2年ぐらい前来たんだそう。

image1

次は、ミリオテック-シープドッグ(ルーマニア原産)。14か月でこの大きさ!もう少し成長するそうですよ。この仔もなかなかの大型犬!

image2

今回出会ったワンちゃんの大きさNo.1は、ニューファンドランド(カナダ原産)。この仔は、超が付く大型犬です!フルサイズで、75kg!公園の中で特別な存在感を放っていたので写真を撮らせてもらいました。実物は、かなりの貫禄です。

image3

こちらのペアルックのケニーとウディーは雑種犬。なんと、キプロス共和国の保護施設から来たんですって!そんな遠い所からイギリスに来るとは…。飛行機でイギリスまで5時間ぐらいかかるんですよ。
やっぱりイギリスは動物保護にかなり関心が高いので、保護施設から来たワンちゃんが多いですね。

image4

おっ、出ました!ハスキー!

image5

目が印象的な仔たちでしたー。この飼い主さんは、ハスキーを4匹も飼っているそうですよ。ハスキーはイギリスでもかなりの人気。よく見かけますよ。

最後に、少し霧が掛かってきた公園で変なドアを発見!誰の家だろう…、な〜んてね。
こんな発見もあったので散歩に来てよかった!っと、得した気分になりました。

image6

image7

それでは、また。

 

 

 

<<前の記事へ| Ninoのバーミンガム便り |次の記事へ>>

1+