わんわん編集部

海外特派員/かわいいワン仔はドイツだ?!

「王様の並木道【vol.6】

特派員 MS | 2017年08月10日


1+

グーテン・ターク(こんにちは)
今回はデュッセルドルフで最も高級(!)で有名な通りと言われるケーニヒス・アレー(Königsallee)からお送りしますよ。訳するとKönig = 王様、Allee = 並木道の意味です。
さて王様の並木道とは…!?


橋のそばに噴水が設置され、なんとも優雅な雰囲気。
元々は違う通りの名称でしたが、1848年にデュッセルドルフを訪れた当時のプロイセン王ウィルヘルム4世はこの通りでなんと馬の糞(!!)を投げつけられたのだそう。それに対する謝罪の意をこめて、通りの名がケーニヒス・アレーに変更されたということです。
水をたたえた堀の両サイドに約800mのマロニエの並木道が続いています。この緑と水に囲まれたケーニヒス・アレー、実は街のど真ん中にあるんですね!向かって右手が金融街、左手は高級ブランドが立ち並ぶショッピングストリートとなっています。

こちらがそのショッピングストリート。

こんな感じで平日の午後と土曜は買い物客で賑わっています。ストリートにはカフェもあちこちにありますが、おすすめは並木道沿いの遊歩道。人も少なくてベンチもたくさん。買い物に疲れたらそちらで一休み。
お買い物に同行中のワン仔もたくさんいました。


ふわふわと大きな体にキュートな顔立ちで目立っていたワン仔。私が「おすわり」と言ったら、ちゃんと反応してくれたところをパチリ。
ドイツ語で「おすわり」は「ズィッツ」といいます♪
少しだけ店内へ入ってみました。

試着室で順番を待っているところ。退屈なのでしょうか…ちょっとお疲れの様子。女性の買い物に付き合うのは大変ですものね(笑)。早くお家に帰りたい!?

この日は普段ドイツではあまり見かけない小型犬(チワワやヨークシャー・テリア)をたくさん見ました。もちろん、大型犬も堂々と店内に入ることができますよ!
次は高級時計店から出てきたマダムに声をかけてみました。

写真を撮らせてほしいと言うと「Ja, Gerne!! (ええ、喜んで)」とワン仔を抱えあげ、笑顔で対応してくれた飼い主さん。

そして最後は…

大様の並木道にふさわしいワン仔を選んでみました。引き締まった体とシャープな動きがとってもカッコいい!本日は買い物ではなく散歩中とのことでした。
ということでケーニヒス・アレーはファッションとワン仔ウォッチングの両方が楽しめる場所ですよ!それではまたTschüss(さよなら)

<<前の記事へ| かわいいワン仔はドイツだ?! |次の記事へ>>

1+