わんわん編集部

チワプー,仔犬,初めてのお散歩,公園デビュー,
国内特派員/迷犬いなりの日常

いなり、初めての散歩【第2話】

特派員 てびち | 2017年08月01日


0

愛犬、いなりと暮らし始めてあっという間に3ヶ月が経ちました。
子犬としては急成長の時期。
見ていて毎日いろんな変化に気づきます。
今回は、「いなり初めてのお散歩」についてレポートします。

3回目のワクチンが終わり、6月の初めにやっと獣医さんから
お散歩に出ても良いよと、オッケーが出ました。

念のため数日前からハーネスを付けて、部屋でお散歩の練習。

そして、いざ実践へ!!
車が通る道、行き交う知らない人達、アスファルト、土、草...
何もかもが生まれて初めての経験のいなり。

「なんだ!これは?なんだ!!これは!!」

とにかく全てのものに匂いクンクンが止まりません。

クンクン、クンクン、クンクン・・

全くお散歩が進みません!!!(泣)
マンションの出入り口で、すでに立ち往生。

全く前に進む気配のない様子にしびれを切らし、
結局、飼い主はいなりを小脇にかかえて近所の公園へ。

初めての公園デビュー!!

家から20mくらいの公園ですが、いなりにとっては大冒険。

しっぽが・・しっぽがびっくりするくらい股の下に入ってますけど・・
警戒心300%の表情で地面に這いつくばるように低い重心で
ゆっくりと一歩一歩・・前進・・

そうだよ、そうやって一歩一歩前に進むんだよ・・これが世間だよ・・
後ろから、母の様な気持ちで見守る飼い主。

そのままガチガチの状態で、どうにかこうにか
公園の葉っぱをかじってみたり、虫を追いかけてみたり。

公園での移動距離、5m程度(笑)
緊張でマーキングなんてする余裕はなく、
かなり控えめな初めての散歩となりました。

家までの帰り道、案の定いなりはほとんど前に進まず、
飼い主はしびれを切らして来る時同様、
いなりを小脇に抱えて帰ったのでした。

早く一緒のペースで歩ける様になろね!

はぁ〜お疲れさま。
こころなしか、遠い表情・・。

<<前の記事| 迷犬!?いなりの日常 |  次の記事へ>>

 

0