くつろぎスペース

海外特派員/メープルライフinバンクーバー

Canada Geese(カナダ・ギース)【vol.6】

特派員 M | 2017年06月09日


6+

みなさん、こんにちは! バンクーバーからMで~す。

今年は、春の訪れがものすごーく遅かったバンクーバーですが、このような風景をやっと見かけるようになりました。

Canada Geese(カナダ・ギース)とそのベイビーたちの姿です♡

渡り鳥であるカナダ・ギースは、V字型を形成して飛行することで知られているのですが、赤ちゃんギース達も、なんだかV字型を作って歩いてるように見えますね(笑)

カナダ・ギースは基本的に渡り鳥なんですが、温暖なバンクーバーには定住しているようで、ほぼ一年中、その姿を見ることができます。食糧に困らず外敵が少ないので、カナダ・ギースは都心の公園に生息していることが多いそうですよ~。


春になると、赤ちゃんギースと一緒に草を食べたり、お散歩している姿を街でよく見かけます♪

とーってもかわいいので、もっと近づきたいところですが、この時期の(赤ちゃんと一緒にいる)ギースに近づくのは危険です!!!
たいてい片親が前、もう片方の親が後ろについて、赤ちゃんギースを両親が守りながら行動しているようで、もし(人間を含む)外敵が近づこうものなら。。。まず鳴き声で威嚇し、それでも離れない場合は噛みついたり、翼で叩いたりして攻撃してくるそうですよー。
(ノll゚Д゚llヽ) ヒャー!

でも仲間の結束は固いようで、大人ギース達は少ない人数(人羽?)で多くの赤ちゃんを育てるので、他人の赤ちゃんの面倒を見てあげることもあるそうです。

カナダ・ギースはたいてい2歳ころまでに伴侶を見つけ、ほとんどの夫婦が一生添い遂げるそうです。
なんだか素敵ですね~

以上、バンクーバーより、カナダ・ギースについてお届けしました♪

<<前の記事へ | メープルライフ in バンクーバー |次の記事へ>>

6+