くつろぎスペース

国内特派員/モモンガってどんないきもの?

フクロモモンガの赤ちゃんが産まれたら?【第5話】

特派員 小梅 | 2016年10月12日


5+

フクロモモンガは群れで生活する動物なので、多頭飼いをされている方も多いと思います。

もちろん、望まない妊娠は避けなければなりませんが、今回はご家庭でフクロモモンガの赤ちゃんが誕生した場合どのようにしたらよいかをご紹介します。
momonga_01

前回の「フクロモモンガの赤ちゃんってどうやって産まれるの?」でご紹介したように、フクロモモンガは未熟児の状態で出産をするので、飼い主はほとんどの場合、妊娠~出産の期間は分かりません。

ブリーダーは、発情の状態や妊娠の兆候などで出産を予想することが出来ますが、実際は育児嚢が、ある程度成長した段階で気づくことの方が多いようです。
このある程度の段階というのが、袋に膨らみを感じたり、母親の食欲が異常なほどに増し、飼い主が「おや?」っと、気づく段階のことです。
タイミングがいいと育児嚢から赤ちゃんのしっぽが見えて気づく事もあります。

この時点でおよそ生後2カ月近い状態です。
momonga_01

【赤ちゃんの誕生に気づいたら?】

フクロモモンガの赤ちゃんが育児嚢で成長する期間はおよそ60~70日です。
もし上記のような状態で赤ちゃんの誕生に気づいたら、生後2ヶ月近いことが予想されます。
よって、あと1週間~10日の間には※脱嚢予定となります。
(※脱嚢:育児嚢から出る事)
momonga_02

◇飼い主にできる事…①
この時点で飼い主であるあなたにできる事は、母親の食事量を今までの1.5~2倍に増やしてあげることです。
母親の栄養が足りないと子食いする事もあるので、タンパク質源をメインに食事量を増やしましょう。

また、母親にストレスを与えるのも子食いや育児放棄の原因になります。
飼い主がお腹を触ったり、巣の中を頻繁に覗き込む行為はやめましょう。
神経質な母親だと、ケージの掃除でさえストレスに感じる事もあります。
掃除の回数は減らし、ポーチや巣箱の交換も育児中はあまり行わない方が良いと思います。

momonga_03

【脱嚢したことが分かったら?】

脱嚢を確認する目安として、母親が赤ちゃんを袋に入れたがらない様子が窺えます。
母親は赤ちゃんが袋に入ろうとすると「ジジッ!!」と怒って拒否するので、巣の中からこのような声が何度も聞こえてきたら、巣の中をそっと覗いてみましょう。
その際、赤ちゃんが育児嚢から出ていることが確認でき、さらにその翌日も育児嚢に入っていないようであれば、無事に脱嚢完了です!
脱嚢が完了しても赤ちゃんは約1ヶ月巣の中で過ごします。

momonga_04

momonga_05

◇飼い主にできる事…②
脱嚢したばかりの赤ちゃんは、体毛がほとんど生えてなく、目も開いていない為、母親はすごく神経質です。(脱嚢後1週間程で目が開きます)
脱嚢したからと言って、頻繁に巣を覗いたり、赤ちゃんに触る事はなるべく避けましょう。
人間の匂いが付く事を嫌がって、育児放棄する事もあります。
また、まだまだ母乳で育つ時期なので、母親のご飯の量は必要に応じて増やしてあげましょう

momonga_06

【巣から出てきたら?】

巣から出てきた赤ちゃんは、親の真似をして遊んだり、ご飯を食べる事を学びます。
あと1ヶ月以内には親と同じような食事ができます。

momonga_07

◇飼い主にできる事…②
赤ちゃんはまだ母乳がメインです。
母親のご飯の量は増やしたままで良いですが、この時期から、大人用のご飯にプラスして、離乳食を入れておくことをおすすめします。
例えば、フクロモモンガ用のミルクやペレットをふやかした物、フルーツや小動物用ゼリーなどの軟らかい物を入れておくと大人用のご飯に移行しやすくなります。

また、巣から出てくるようになったら、少しずつ赤ちゃんに人間の匂いを覚えてもらいましょう。
この時期に人間の存在が怖い物ではないと認識できれば、飼い主以外の人間でも怖がる率が減り、慣れやすくなるようです。
少しずつ触ったり、スポイトでミルクをあげるのも良いと思います。
里子に出す場合は、この作業をやっておくと新しい飼い主さんにも懐き易くなりますね。

momonga_08

【里子に出す時期は?】

里親さんが見つかったら、いつ頃から渡したらよいか気になりますよね?
渡す時期の目安は…
①脱嚢後約1ヶ月~2ヶ月程度で離乳食を食べられる事
②体重30g以上
③しっぽに毛が生えている事
以上3つのポイントが目安になります。

里親さんがフクロモモンガ初心者であれば、この3つのポイントがしっかり満たされていた方が安心です。
お渡し後もこの程度成長していれば、比較的環境の変化にも耐える事ができ、食事の指導や温度管理もしやすくなります。
成長が未熟なうちに親から離すと、体温調整が上手くできずに死亡してしまいます。

また、人口授乳は難しく、離乳食をまだ食べれない段階から離すと死亡するケースも多くあります。
里子に出す場合は、赤ちゃんの成長をしっかり見て、渡すタイミングを計りましょう。

momonga_09

☆育児方法は他にもたくさんありますが、私の考えとしては、親が一生懸命育児をしてくれている内は親に任せ、人間は必要な時だけ手助けするのがベストだと思います。

<<前の記事 | フクロモモンガってどんないきもの? | 次の記事へ>>

5+