ペットホテルとペットシッター、愛犬を預けるならどちらが最適?【第86回】/ペットと暮すトリビア

ペットホテルとペットシッター、
愛犬を預けるならどちらが最適?


旅行や出張などどうしても家を空けなければいけない時、愛犬の世話はどうしていますか?親兄弟など信頼できる人に預けたり、世話を頼むことができない場合の手段としてペットホテルやペットシッターの利用があります。利用者も増えているサービスですが二つはサービス内容が違うため、メリットとデメリットを比較して、愛犬との相性などで選ぶことが必要です。大切な愛犬を預けるならペットホテルとペットシッターではどちらが良いのでしょうか?


目次


ペットホテルのメリット・デメリット

ペットホテルとは文字通りペットが宿泊できるホテル施設のことであり、一般的なペットとして飼われている動物を預けることができます。急な出張や旅行などでペットを一緒に連れて行くのが難しい場合、預かってもらうことでゴハンやトイレ、お散歩などのお世話をしてもらえて安心です。日帰り半日から長期まで対応できる所が多いです。
ペットホテルのメリットとしては、ペットをホテル内で見てもらうことができ、健康状態や食事などの細やかなサービスを受けられる点が挙げられます。またペットホテルは動物病院やトリミングサロンが経営していることもあり、爪切りやトリミングなどのサービスが充実していたり、緊急時でも診察してもらいやすい環境が整っていたりすることもあります。預けている間中ずっと、目が届く安心感があるサービスです。
一方、ペットホテルのデメリットとしては、ペットの過ごすお部屋の環境が挙げられます。たいていのペットホテルではクレートやケージがペットたちのお部屋です。そのためケージに入る習慣がない場合はストレスが大きくなったり、あらかじめケージの習慣づけをしてからでないと利用できなかったりします。
またゴハンにこだわりがある子の場合には、フードも持ちこむ方が安心です。事前にいろいろと準備が必要なのも、ペットホテルのデメリットと言えそうです。
また、ペットホテルでは他の犬と一緒の空間にいることで感染症のリスクなども考えられます。ワクチン接種や健康チェックなども義務付けられていることが多いため、安全性は高いのですが、万が一ということはあるかも知れません。

ペットシッターのメリット・デメリット

ペットシッターというのは、ベビーシッターサービスのペットバージョンであり、おうちに訪問してペットのお世話をするサービスです。ペットシッターが行うのは、ゴハンやトイレ、お散歩などのお世話などになります。1時間単位で依頼できることが多く、ベビーシッターのように長時間家の中で過ごすことはありません。まだまだ新しい仕事ですが、資格試験もあり、知識のあるシッターも増えています。
ペットシッターに依頼するメリットとしては、ペットたちが住み慣れた我が家で暮らせるという点があります。ペットホテルではケージの中が主ですが、ペットシッターを利用すれば、ペットは自宅の住み慣れた場所で住み慣れた状態のまま暮らせます。家に独りで置いておいても心配のないペットには安心です。犬や猫の他、小動物のお世話も請け負っているシッターもいます。ついでに新聞の取り込みなど、時間内であればカンタンな用事も頼めます。
また料金の面でも時間単位で支払うことができるため、利用の仕方次第でコントロールできます。送迎の必要もないので忙しい時にも便利です。ただし、利用料金以外に出張費や交通費実費がかかります。
その反面、ペットシッターのデメリットとしては、家人不在の我が家へ赤の他人が入る不安や不審があります。ペットシッターは外出時などに利用するものなので、当然誰も居住者のいない時に家に入ることになりますし、鍵も預かります。そのため、防犯について不安に思う人が多いようです。事前に顔合わせと打ち合わせをして信頼関係を築きますが、そのために時間を割くことになります。
またペットシッターはずっとペットと一緒に過ごすわけではないため、病気などの異変に気づいてもらえないおそれがあります。緊急時の対応もできません。

飼い主の状況や犬の個性によって使い分けよう

ペットホテルとペットシッターは、どちらも大切なペットを預かるサービスです。信頼性の高いサービスを選ぶことはもちろんのこと、自分の状況や犬の個性によってどちらかのサービスを使い分けることも必要となります。
急な出張などでペットを預けに行くことや準備もままならない場合には、ペットシッターが向いています。また、これまでにホテルを利用したことがないペットには突然のペットホテルはハードル高めです。
ケージ慣れしている場合や利用までにゆとりがある場合には、ペットホテルでもペットシッターでも良いでしょう。ただし、長い時間目を離せない場合などにはペットホテルが安心。長期間家を空けるケースも、ペットホテルが良さそうです。

ペットホテルもペットシッターも飼い主さんが留守にする時に役立つサービスです。二つのサービスにはそれぞれにメリットもデメリットもあり、飼い主さんや犬によって向き不向きがあります。飼い主さんは自分もペットも安心して利用できるサービスを選び、ストレスなく外出できるようにしましょう。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする