似て非なるもの サバトラとアメショを見分ける3つの違いとは?【第8回】/なるほど!ワンニャン大図鑑!

似て非なるもの
 サバトラとアメショを判別する3つの違いとは?

一見すると似ていると思ってしまうサバトラ猫とアメショ。 たしかに柄も色も同じように見えますが、じつはよくよく見ると全然違う種類です。 どこがどう違っているのか、今回は サバトラとアメショの判別方法についてご紹介します。


目次


サバトラとアメショの違い1:柄

サバトラとアメショを判別する上で、最も分かりやすいとされているのがカラダの柄です。 サバトラは細めの横縞模様ですが、アメショは渦巻き状になった線が濃く入っています。 この渦巻き模様は、アメショの胴体部分を見ると分かりやすいでしょう。 2種類とも灰色に黒の模様が入っていても、柄に注目すれば一目瞭然です。
また、サバトラとアメショでは被毛の色に違いがあります。 サバトラは、全体が灰色でそこに黒の縞模様が入っているものを指しますが、 じつは アメショのカラーはバリエーション豊富。 灰色や黒だけがアメショではないのです。 ブラウン地に黒の模様が入っていたり、三毛猫のように白、黒、茶色が使われていたり、中には全身真っ白のアメショも。 その種類は 80種以上にも上るのです。

サバトラとアメショの違い2:顔

見た目で判断できるのは、カラダの模様だけではありません。 サバトラとアメショは、顔のつくりも少し違います。特徴的なのはアメショの顔。 アメショは目と鼻の距離が近く、サバトラと比べて鼻も低めです。 そして頬が大きいため、 顔全体がふっくらとした丸い形になっています。 目もサバトラよりつり目になっていることが多く、その点でも見分けるポイントになるでしょう。 これらの特徴に注目して顔を見比べてみると、サバトラとアメショではまったく顔が違うことが分かるのではないでしょうか。

サバトラとアメショの違い3:性格

アメショといえば穏やかな性格が特徴で、ペットを初めて飼う人でも比較的に飼いやすいのが人気の理由の一つです。 調和性にも長けているため、ほかの犬や猫とも仲良くしてくれます。 一方でサバトラは、性格が両極端で、どんなサバトラも同じ性格とは限りません。 人懐っこく甘え上手なサバトラもいれば、反対に怖がりで人見知りするサバトラもいます。
このようにサバトラとアメショでは、性格の傾向による違いもあるのです。 ただし、性格に関してはすぐに判別できるものではないため、接してみないと分からないことではあるでしょう。

2種類は非常に見た目が似ていますが、違いを知るとあっさり判別がつくようになります。 とはいえ、どちらもかわいらしい猫には変わりありません。 もしサバトラとアメショを同時に目にする機会があったら、ぜひ違いをその目で確かめてみてください。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする