ポメラニアンのカット 失敗しないポイントは「切りすぎない」こと!【第7回】/なるほど!ワンニャン大図鑑!

ポメラニアンのカット
 失敗しないポイントは「切りすぎない」こと!

ポメラニアンは、ふさふさの毛を活かした豊富なカット法があることから人気があります。 しかし、カットは一歩間違えると失敗するリスクも大きいもの。 失敗しないためのポイントをいくつか押さえて、かわいらしい姿を維持しましょう。 こちらでは、 ポメラニアンのカット方法についてご紹介します。


目次


カットする前にまずはポメラニアンの毛質についておさらい

ポメラニアンの毛は、二段に別れているダブルコートという構造になっています。 上の毛が長さのある オーバーコート、下の毛がふわふわとした短めのアンダーコートです。
そのほか、ポメラニアンの毛には毛玉になりやすいという特徴があるため、普段からこまめなブラッシングは必須。 ブラッシングをするのとしないのとでは、毛並みのツヤに違いが出てくるでしょう。
換毛期は3~4月の春先と、9~10月の秋口の2回。 自然と毛抜けが多くなる時期であるため、トリミングをお願いするならば、このあたりの時期が適切です。

ポメラニアンのカットは切りすぎたらダメ

じつはポメラニアンの毛は一定の長さになると、そこからはあまり伸びることがありません。 そのため、 元々頻繁にカットする必要がある犬種ではないのです。 あまりにも短く切りすぎると、毛が伸びるまでしばらく時間がかかるでしょう。 また毛は 紫外線対策体温調節の役割を果たすため、短くしてしまうとカラダに影響が出るおそれも。 皮膚への刺激が大きくなると、様々な疾患を引き起こすため注意が必要です。
よって自宅でカットする際は、最小限整える程度で済ませておくのがベター。 技術を駆使するようなカット方法に挑戦するのではなく、ふんわりとしたシルエットのカットにすると、失敗が少なく済みます。

失敗しないカットのやり方

カットをする時に必要な道具は、トリミング用ハサミとスリッカーブラシです。 そのほか、おやつや新聞紙など必要に応じて準備しましょう。 まずはカットの前にブラッシングをして、余計な毛をはらっておきます。 どのくらいの長さをカットするのか、あらかじめ全体のイメージ像を決めておくとスムーズに進むでしょう。
カットは、嫌がりにくい胴体や足から始めるのがおすすめ。 胴体と平行にハサミを持ち、ラインに沿ってハサミを入れていきます。 この時、顔周りを長めに残し、お腹や脇あたりは短めに切るとバランスが良く仕上がります。 最後に、耳周りとつま先、肉球の間の毛を整えれば終了です。 全体的に、オーバーコートを切りすぎないことが、失敗しないためのコツといえます。

ポメラニアンにはかわいらしいカット法がたくさんあり、ついつい流行りのカットを試してみたくなるかもしれません。 しかし大事なのは、愛犬が過ごしやすいカットにしてあげること。 毛の短いカット法は健康面にも影響を与えるおそれがあるため、毛はある程度長めに残しておくのが無難でしょう。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする