猫の匂いの不思議!なぜか良い匂いのする理由は?また、きつい匂いの時の注意点とは?【第130回】/ペットのお悩みなんでも大百科

猫の匂いの不思議!なぜか良い匂いのする理由は?また、きつい匂いの時の注意点とは?

みなさんは猫の匂いを嗅いだことがありますか?猫を飼っている方にとっては当たり前のことかもしれませんが、猫からは不思議と良い匂いがすることが多いです。しかし、そんな猫がきつい匂いを放っている場合は少し注意が必要です。今回は猫から良い匂いがする理由と、逆に匂いがきつくなっている時の注意点や対処法をご紹介していきます。


 

目次

猫は臭わない?良い匂いはどこから来るの?

まず、猫は良い匂いがするだけでなく動物特有の嫌な匂いがあまりありません。猫が臭くない理由は主に3つあります。


1つ目は、猫の匂いを無くす習性が挙げられます。狩猟動物である猫は、獲物に自分の存在がバレないように狩りをしなくてはなりません。狩りの成功率を上げるためには、獲物に気付かれないよう自分の匂いを無くすことが必須条件です。同時に、匂いを無くすということは自分が獲物になることを防ぐことでもあります。猫にはこのような習性が本能的に備わっているため、トイレでもおしっこに砂をかけたりしてできるだけ自分の匂いを残さないようにしているのです。

2つ目は、きれい好きな性格です。猫はとてもきれい好きな動物です。もともと体臭は少ないのですが、彼らはこまめに毛づくろいをすることで常に体を清潔な状態に保っています。この習慣のおかげで、毎日お風呂に入らなくても嫌な臭いが最小限に抑えられているのです。

3つ目は、猫の日課である日向ぼっこです。猫の大好きな日向ぼっこには、天日干しと同じような殺菌効果があります。この日向ぼっこのおかげで臭いの原因となるカビや体の雑菌が日々退治され、嫌な臭いが発生しづらいのです。

それでは、むしろ良い匂いがするのはなぜなのでしょうか?何とも表現しにくいのですが、猫の良い匂いは天日干し後のお布団の匂いに似ているともいわれます。天日干し後のお布団の独特な良い匂いは、布についた微生物や汗などが太陽熱によって分解されることで発生しています。猫は日向ぼっこが日課ですから、このお布団と同じ良い匂いがしても不思議ではないでしょう。ちなみに、特に額のあたりからは甘い匂いのすることが知られています。これがフェロモンの匂い?と思われるかもしれませんが、一般的にフェロモンには匂いがありませんので、そうではないということです。

猫が臭い場合の注意点や対処法は?

本来は良い匂いがする猫ですが、悪臭がする場合は病気の可能性もあるため注意が必要です。猫が臭い原因は、環境の場合と猫そのものの場合との2パターンが考えられます。

環境が原因の場合、具体的には不衛生な環境で猫を飼っている、悪臭のもとになりやすいトイレの掃除をこまめに行っていない、または屋外で飼っている猫が汚れた状態で帰ってきても放置しているなどが挙げられます。こういった場合は猫を飼う環境や猫の体を清潔に保つ、脱臭機能付きの空気清浄機を設置する、猫は外出させず屋内で飼うなどの対処法があります。


イオンペットおすすめの空気清浄芳香機はコチラから!



一方、怖いのは猫そのものが臭い場合です。その際は、病気が原因で匂いが発生している可能性があります。病気が疑われる代表的なものには、口臭とおしりからの悪臭があります。

まず1つ目の口臭ですが、口内に溜まった食べかすが原因であれば、こまめに歯磨きをすることで改善できます。しかし、歯肉炎や歯周病といった病気の場合は治療が必要になります、口臭に加え、食べ物を食べる様子がおかしかったり、手間取っている様子が見られる場合は早めに動物病院で受診することをおすすめします。そのほかにも猫風邪や腎臓病、ガンなどを患っている場合にも口臭がきつくなることがあります。食欲減退が見られる時や口臭が排泄物のような悪臭の時もすぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。

近くの動物病院を探す(動物病院検索)



また、意外と多いのがおしりの悪臭です。単に排泄物で汚れている時は、赤ちゃん用のおしり拭きなどできれいに肛門を拭いてあげましょう。また、長毛種で排泄時に毛が汚れやすいのであれば、おしり周りの毛をカットして整えてあげることで解決できます。厄介なのは、肛門腺が破裂してしまっているような時です。強い匂いや膿、出血などですぐに気がつく病気ですし、治療をすれば早期に治癒することも多いので、素人判断はせずすぐに掛かりつけの動物病院に連れて行くのが最善の方法です。分泌液の自然な排出が難しい猫の場合、定期的に肛門腺を絞って分泌液を出してあげることで肛門線の匂いや破裂を防ぐことができます。

イオンペット獣医監修 猫の病気の大辞典
歯周病
肛門嚢炎

※サイトでは正確な診断はできません。異常を感じたら早めに掛かりつけの獣医さんに診てもらいましょう。

元気な猫は良い匂い!臭いがきつい場合は病気の可能性も

元気で健康な猫は毛づくろいや日向ぼっこの効果もあり、無臭または良い匂いがすることがほとんどです。逆に臭いがきつい場合は、体調不良や病気のサインかもしれません。匂いから愛猫の健康状態にもに日々気を配り、必要な時にケアをしてあげられるよう注意しておきましょう。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする