猫がハマるティッシュ遊び!その理由と対策は?【第121回】/ペットのお悩みなんでも大百科

猫がハマるティッシュ遊び!その理由と対策は?

猫がティッシュやトイレットペーパーで遊ぶ動画を良く見かけます。見ていてとても癒されるものですが、毎日のように引っ張り出されては片付けの手間もかかりますし、様々なトラブルにもつながりかねません。「これは楽しい!」と覚えてしまうと、やめてもらえなくなってしまいますので早めの対応が必要です。そこで今回は、イタズラをする理由とその対策についてご紹介します。


 

目次

なぜティッシュ?猫がイタズラをする理由と対策

猫は、ふわふわゆらゆらしたものが大好きです。特に子猫のうちは好奇心が強く、目に入るものなら人間の髪の毛すらおもちゃにしてしまいます。さらに、箱や穴を見つけるとその奥が気になって、穴に手を突っ込んでは中のものを一生懸命引っ張り出そうとしたり、頭から飛び込んでみたりします。それらは全て猫の習性であり、狩猟本能からくる行動です。

犬と違って猫は気まぐれで、しつけるのは難しいといわれています。たとえ罰を与えても、猫にはそれが理解できません。大きな声を出したり手を挙げてしまったら、猫からの信頼を一気に失ってしまいます。

このように、猫の方を変えることは難しいので、逆にティッシュの方を工夫してみましょう。最も簡単なのは、ティッシュの箱を裏返すことです。使わない時は裏返しておけばただの箱であり、本能をくすぐるふわふわなものは見えません。

ただし、そこにティッシュがあると覚えてしまっている場合は効果が薄く、あっさりと箱をひっくり返されてしまうこともあります。そんな時は蓋つきのケースも検討してみましょう。蓋のついた箱型ティッシュケースなら、相当器用な猫でなければ開けることはできません。また、手作りで一工夫、マジックテープを付けるのも良いでしょう。

ティッシュケースを猫の目に入らない所へ置いたり吊るしておくといった手もあります。吊り下げるタイプのティッシュケースも売っていますので、猫が登らないような所に設置したり、さらには引き出しの中へ片づけてしまえば大丈夫です。

猫がティッシュをおもちゃにするリスク

ティッシュを引っ張り出すだけなら片付けが大変なだけですが、本当のリスクはそれだけではありません。たとえば冬場であれば、散らかしたティッシュがストーブなどの暖房機器に触れ、目を離したうちに火事になることも考えられます。猫がいつでも目の前でイタズラしてくれるとは限りません。また、赤ちゃんがいる家なら、散らかったティッシュを赤ちゃんが食べてしまう危険性もあるでしょう。

また、猫自身もティッシュや食べ物以外のものを「食べる」ことがあります。異食の理由としては、お腹の違和感から猫草の代わりに物を飲み込み、胃の中のものを吐き出そうとしていることが考えられます。しかし、ティッシュやビニール、紐などは消化することができません。余りにも異食が続くようであれば、家の中に猫草を置いてみたり、また、早めに動物病院でお腹の様子を調べてもらうことをおすすめします。便や嘔吐でそのうち出てくるだろうと油断していると、それが原因で様々な病気を引き起こすこともあります。

ティッシュを食べてしまったら?

ティッシュなどを異食すると、飲み込んだ異物が少量だと思われても、便や嘔吐で出てこない場合は腸閉塞を引き起こす可能性があります。お腹を触ると痛がる、エサをあまり食べない、水もあまり飲まなくなった、苦しがる素振りを見せるなどの異変があったら、すぐにかかりつけの動物病院へ連れていきましょう。なるべく早い段階で適切な処置を行う必要があります。

動物病院で診てもらった結果、何事もなければそれはそれでとても良いことですし、無事が確認できれば飼い主さんも安心できます。猫は体調を崩しても我慢してしまう習性があります。何もないように見えても、実は重大な不調を抱えていることもあります。常日頃から観察を怠らず、愛猫と触れ合っておくことで、些細な異常にも気付くことができるようにしましょう。

猫の異食を防ぐためには、なるべく部屋を片付け、むき出しのティッシュ箱や紐、ビニール類などを出しっぱなしにしないようにしましょう。また、万一の備えとして、深夜でも相談に応じてくれる緊急の動物病院を調べておき、電話番号を控えておくと良いでしょう。


イオンペット獣医監修 猫の病気の大辞典
腸閉塞

※サイトでは正確な診断はできません。異常を感じたら早めに掛かりつけの獣医さんに診てもらいましょう。

近くの動物病院を探す(動物病院検索)

大好きな愛猫の健康を守るために

愛猫の怪我や病気、また飼い主さんのリスクを避けるためには、ティッシュのケアのみならず危険となりそうな家具類の配置、室内の片付け、ゴミの捨て方、また、愛猫の普段の様子など、飼育環境や方法にも注意が必要です。猫と人間がお互いに快適な生活が送れるよう気を配るようにしましょう。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする

みんなのコメント

ミロルナのママ

うちの子は毎年、数日間だけティッシュ遊びブームがきます。
不思議です〜

2019/8/4 17:02