飼い猫がおならをする原因と、病気の場合の対処法について【第117回】/ペットのお悩みなんでも大百科

飼い猫がおならをする原因と、病気の場合の対処法について

飼い猫に早食いなどの異常な行動が多く見られる場合は、ストレスや病気が原因かもしれません。早食いが常態化すると消化不良を起こしやすく、下痢やおならなどの症状につながることがあります。消化器官に異常がある場合は獣医による早期の対処が不可欠です。その場合、病院での治療はもちろんですが、フードや食器を工夫する他、日常の飼育方法についても見直してみることをお勧めします。


 

目次

猫がおならをする理由と健康状態の関係

おならは腸内の細菌が食べ物を分解した際に発生するガスが肛門を通って体外に排出されたものです。人間はもちろんのこと、犬や猫などのペットもおならをします。健康な猫であってもおならが出ることはありますが、人間のような大きな音は発しないので気付くことは稀です。

しかし、ストレスや病気などの理由で体の具合が悪くなるとおならが頻発するようになり、ガスの量も多くなることから人間のように大きな音が伴うことがあります。また、体調不良の時に出るおならは強烈な悪臭であることが多いため、愛猫が臭いの強いおならを頻発している場合は、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

近くの動物病院を探す(動物病院検索)

猫の消化器官はデリケートなため、些細なことで状態が悪くなってしまいます。特に飼い猫は飼育環境の変化でストレスや病気に見舞われることも多々あるため、飼育の際には十分な注意が必要です。

飼い猫はストレスが溜まると早食いをすることが多くなります。これはストレスが溜まることで周囲を異常に警戒するようになり、エサを誰かに取られると考えるためです。自分のエサを取られないために早食いをするようになり、その結果、消化不良を起こして臭いおならが出るようになってしまいます。また、与えているエサに飽きるのも早食いの原因の一つです。同じ味付けのエサばかりを食べ続けることで食事にストレスを感じるようになり、嫌なことを早く済ませるために早食いの状態になってしまいます。

愛猫の飼育環境を見直してみましょう

愛猫が臭いおならを頻発するのは消化器官の病気が疑われるので早期の診察が不可欠です。動物病院で適切な治療を受けさせるのが最良の対処法ですが、同時に飼い主さんが飼育環境を見直してみることも必要になります。飼い猫が早食いをはじめとする様々な異常行動を起こすのは飼育環境に不満を抱き、ストレスが蓄積している可能性があるからです。体調の改善を図るには、まず愛猫が何に対して不満を抱いているかを正しく把握することが重要になります。猫にも個性があるため、その原因は千差万別です。そのため、日頃から愛猫をよく観察しておくことが不測の事態への備えになります。

早食いなどの異常行動はストレスが解消されると自然に治まりますが、その間も体調不良は続きますので、健康管理を疎かにすることはできません。健やかな状態であれば問題が無いエサであっても、消化不良などの不具合が生じている時は体に悪影響をもたらす可能性があります。また、早食いが習慣になってしまった猫は、ストレスが解消されても治まらないことがあり、その場合はフードや食器を工夫することで状態の改善を試みる必要があります。病院によっては病気治療用のペットフードを扱っている所もあるので、飼い猫の状態に合わせて適切な製品を変えるのも良い方法です。食器については早食い防止のため、口が狭い作りになっている物を選ぶのが良いでしょう。まれに、ペットフードの固さや形状により、早食い防止用の食器が適さないこともあるため、その点は注意が必要です。
イオンペットおすすめの早食い防止食器はコチラから!

屋外に出る猫ほどおならが出やすい?その理由と効果的な対策

猫のおならは消化器官に異常があると頻発する傾向がありますが、飼い猫は基本的に猫用のペットフードを食べるので、食事が原因で消化器官が悪くなることは稀です。しかし、飼い猫であっても屋外に出ることが多い場合は、おならが出やすくなることがあります。これは屋外でエサになる物を拾い食いしてお腹を壊すことが原因です。飼育されている猫でも虫や小動物を捕まえることがあります。狩猟本能に基づいた行動ですが、捕まえた虫や小動物を食べてしまうと消化不良を引き起こし、おならや下痢を起こしてしまうことがあります。消化不良を起こさせないためには、食事管理に気を配ることが最も重要です。そのためには、屋外には出さずに家の中だけで飼い続けることも効果的な対処法になります。

しかし、屋外に出る習慣を持っている猫を急に家の中に閉じ込めると大きなストレスを感じて、逆に早食いなどの異常行動を起こすこともあります。おならが頻発する程の消化不良に陥るリスクも増大するので、最初のうちは飼い主さんが一緒に散歩に出て行動をチェックし、徐々に外出時間を短くしていくとストレスを軽減することができると思います。

飼い主さんによる愛猫の健康管理を

飼い猫が早食いなどの行動を起こして消化不良に陥るのは飼い主さんの飼育管理が原因かもしれません。飼育環境が悪いと猫はストレスを溜めたり病気になるリスクが大きくなります。猫の習性や愛猫の性格を理解して飼育環境を整えることは健康に暮らすための必須条件です。万が一、異常を感じたら速やかに動物病院で治療を受けさせると共に、フードや食器も工夫をしてみましょう。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする