幸運を呼ぶモザイク模様の猫!?サビ柄の猫の性格・特徴を解説!【第72回】/ペットのお悩みなんでも大百科

幸運を呼ぶモザイク模様の猫!?サビ柄の猫の性格・特徴を解説!

皆さんは街を歩いていて、茶色と黒の複雑な色合いを持った猫を見たことがありますか?サビ猫と呼ばれるこの種の猫は、日本では「雑巾猫」などと呼ばれ人気が高いとはいえないのですが、実は海外では「べっ甲猫」と言う非常に美しい名前で呼ばれている人気の高い猫なんです。今回は、珍しい毛色であるサビ柄の猫の性格や特徴について解説していきます。


 

目次

サビ柄の猫の特徴とは?

サビ猫とは、黒や茶色の複雑に混じった色合いを持った猫の事を指す言葉です。日本では、野良猫としてよく見かけることが多い毛色ですね。基本的には、雑種の猫がサビになることが多いですが、ブリティッシュショートヘアやターキッシュアンゴラなどでもまれにサビ柄の猫が生まれてくることがあります。また、黒や茶色の他にも、グレーや薄茶色の色が混じったものもあり、こうした色合いをパステルサビ(灰サビ)と呼んでいます。日本では、古くからサビ猫の存在が知られていて、海外と比較すると日本に多い毛色でもあります。

海外ではサビ柄の猫は少なく珍しい毛色を持つことから人気のある種となっています。また、サビ柄の猫の毛が太陽に当ると鮮やかなべっ甲色になることから、この風景を楽しむ愛好家も少なくありません。

サビ柄の猫のほとんどはメス!

三毛猫にほとんどオスがいないのは多くの方がご存知でしょう。オスが生まれにくい要因として、猫の遺伝子が影響しています。猫の毛色は濃淡はありますが、基本的に黒、茶、白の3つです。また、猫の毛色を決める遺伝子は、白以外は性別を決める遺伝子と同じになります。

メスの染色体は「XX」、オスの染色体は「XY」です。このとき、毛色の遺伝子を決める染色体はXのみとなります。そのため、オスは黒と茶色どちらか1色、もしくは白のみの毛色しか持つことができません。メスの場合はXを2つ有しているため、黒と茶色の2色を持つことが可能となり、そこに白い毛が混じれば三毛猫となります。

サビ柄の猫も同じように、ほとんどがメスです。原因も三毛猫と一緒で、猫の遺伝子が影響しています。どちらも、基本的にはメスしか生まれてこないと考えた方が良いでしょう。ただし、極くまれにオスの三毛猫やサビ柄の猫が生まれてくることもあります。これは、クラインフェルター症候群と呼ばれる染色体異常の個体が原因で生まれてきます。その確率は3万分の1と極めて少なく、オスの三毛猫やサビ柄の猫はオークションなどでは数千万円単位で取引されることもあります。

サビ柄の猫の性格は?幸運を呼ぶ猫とは?

サビ柄の猫には、一見すると怖そうなイメージを持たれる方も多いでしょう。しかし、実際には初心者でも飼育しやすい猫として有名です。個体差によってばらつきはありますが、ここからは、サビ柄の猫の性格についてご紹介していきます。

○優しくおとなしい
サビ柄の猫は、あらゆる猫の中でも賢いと言われています。もともと野良猫が多いことから、鋭い洞察力・観察力に長けている場合が多いからです。あまりいたずらをせず、やんちゃなことをしないところから、こうしたイメージが付いたのでしょう。人の気持ちを敏感に読み取り、空気を読むのが上手い性格であるとも言えます。また、飼い主の言う事を良く聞く性格でもあるため、しつけに苦労することも少ないようです。

○繊細で怖がり
サビ柄の猫のほとんどがメスのためか、怖がりの性格を持った子が多いです。そのため、初めて対面したときには、自分からはなかなか出て来てくれず大変だったという方も多いでしょう。また、怖がりのため、一度嫌な思いや怖い経験をすると払拭するのに相当苦労します。繊細な性格の猫が多いと言えるでしょう。

猫の中には「福猫」と呼ばれ、幸運を運ぶ猫として重宝される品種があります。実は、このサビ柄の猫も「幸運を運ぶ猫」と呼ばれているのはご存知ですか?日本では三毛猫が「幸運を運ぶ猫」と言われていますが、これは三色の毛色がそれぞれ幸運のシンボルや悪を払うなどの意味があるため、「福をもたらす」と言われている訳です。サビ柄の猫も同様に複数の毛色からそれぞれシンボルがあり、「幸せを運ぶ猫」と言われるようになったのでしょう。

また、三毛猫のオスは非常に珍しいため、出会えるだけでも大変貴重です。そのため、三毛猫そのものが幸運をもたらす猫として認識されているという面もあります。そもそも、サビ柄の猫は三毛猫の一種でもありますので、そこから派生して「幸運を呼ぶ猫」と言われるようになったとのこと。アイルランドやスコットランドでは、サビ柄の猫は幸運をもたらすと信じられており、この考え方が欧州全体に広がったようです。

初心者でも飼いやすい猫です!

おとなしく賢い性格を持つサビ柄の猫は、初心者が飼いやすい猫であると言えます。しかし、その独特な毛色は必ずしも万人受けするとは言えず、里親募集を行うときも最後まで残ってしまうこともあるそうです。サビ柄の猫は、全く同じ毛色が存在せず、どの個体もオリジナルの毛色を持っています。ご縁があれば、世界にひとつだけの毛色を持つ幸運のサビ猫をご家庭でも可愛がっていただければと思います。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする