立派なレストラン猫に育つまで【vol.111】

野良猫天国♡クロアチア犬猫紀行⑥


ボンジョールノ♪

ヨーロッパのレストランでは、室内の席よりこんな↓屋外のテラス席が人気なんです。夏だけの話かと思っていたら、真冬でも天気の良い日にはこんなテラス席で軽食やコーヒーを楽しむ人達の姿を見かけます。

そして、クロアチアのレストランのテラス席には、必ず↓こんな『レストラン猫』(勝手に命名)の姿が…。

レストランはまだ準備中ですが、お客さんから何か食べる物を貰おうと猫さん達は開店前から既にスタンバイ。

           

さて、今回はクロアチアでたくさん見かけた『レストラン猫』達の話をお届けしたいと思います。

野良猫として生まれたこの仔達が、レストランでお客さん達から餌をもらい、立派なレストラン猫に育つまでを見て頂きましょう。


外で生きる猫達は仔猫が生まれると、まずはしっかりと野良猫として生きて行く為に必要な教育をします。

原っぱで授乳中のお母さん猫↑。

この時期は、危険から身を守る方法をしっかり教え込むのですが、離乳の時期になると違う教育が始まります。


このお母さん猫↑、レストランの多い広場に仔猫を連れてやってきました。

自分で餌をもらえる様にならないと、この仔猫ちゃんはこの先食べ物に困る事になりますからね。

人慣れしているお母さん猫は上手にお客さんからお料理のお裾分けをもらいますが、レストラン・デビューしたばかりの仔猫はオドオドと逃げの態勢。

仔猫はお母さん猫から、レストランのお客さんに愛想を振りまいてお料理をチョコッともらう技を少しずつ伝授されるんです。


生後3か月位になると、独りでレストランで営業開始。でも、この仔↓の選んだレストランにはちょっと問題が…。

このレストランはベジタリアン&ビーガン料理専門店。

猫さん達のお目当ての肉や魚は貰えません。


他の猫の縄張りを荒らさずに、美味しいお料理を食べられるレストランを自分で見つけないといけないんです。

そして、修行を積むとこの様な↓堂々たるレストラン猫に仕上がります。

お客さん以上にくつろいじゃって…。


6回に渡ってお届けした「野良猫天国♡クロアチア犬猫紀行」は今回で終了です。

野良猫達に寛容なクロアチアの良さをお伝えできたでしょうか。

次回からの『犬猫紀行』は、ペット先進国のドイツからお届けする予定です。


それでは、また♪

チャオ



この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする