集まれ!イタリア原産のワン仔達 PART3【vol.110】

ボンジョールノ♪

3月8日は「国際女性の日」。イタリアの女性達は頼もしいとよく言われますが、イタリアのマンマ達は本当に働き者で頼りになるんです。いくつになっても親離れしない子供達のお世話をしっかりして、いつも家族の中心的存在。しかも、ほとんどの女性がフルタイムで仕事もしているからイタリア女性は家事に仕事に子育てに…とにかく毎日とっても忙しいんです。

イタリアではこの日、女性だけのカジュアルパーティーを開いてお互いの日頃の労をねぎらう女性達の姿を見かけます。


この「国際女性の日」の花は黄色いミモザの花。男性が女性に贈ったり、女性同士で贈りあったりします。

この日は、カフェでもこんな↓小さなミモザの花が女性客に贈られました♪

サーレも女の仔ですからね、ミモザの花をどうぞ。

いや、これ、叩き落して遊ぶオモチャじゃないから。


話は変わって、本日はイタリア原産のワンちゃんをご紹介する第3弾!

今回ご紹介するこの仔↓は、レストランの中で出会ったSegugio italiano(セグージョ・イタリアーノ)の男の仔。名前はオット君。日本語にすると「ハチ」。数字の8です。

『セグージョ』って言うのは、イタリア語で『猟犬』の意味です。この犬種は、約4,000頭がイタリア国内で登録されています。

イタリア原産のワンちゃん16種類の内4種類が一見この仔ととっても良く似た『猟犬』の仲間達で、見分けるのがちょっと難しいんです。

このオット君にそっくりだけど、他の種類に分類されているのがこちらのワンちゃん↓。

Segugio Maremmano(セグージョ・マレンマーノ)の男の仔。

トスカーナ地方のマレンマーノと言う場所の出身で、イノシシ狩り等で活躍するワンちゃんです。この仔達もイタリア原産の犬種としてL'Ente Nazionale della Cinofilia Italiana (ENCI)に認定されています。

イタリアに限らず、ヨーロッパでは「猟犬」は種類も多く、パートナー犬としても人気が高いですね。

本日は「女性の日」を祝うイタリアからイタリア原産の猟犬2犬種をご紹介しました。


それでは、また!

チャオ



この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする