庭につないでいる犬が玉ねぎを食べさせられて体調不良に! これって病院代等請求できる?【第41回】/ペットを守る法律アレコレ

質問

庭につないでいる犬に、通りすがりの小学生たちが、玉ねぎが入ったハンバーグを与えたらしく体調不良に! 病院代等請求できますか?

 

 

 

答え

誰がハンバーグを与えたかが特定できれば、親に請求することが可能です。


kuri
この記事の制作・監修
栗脇法律事務所 栗脇康秀弁護士
福岡県弁護士会所属。早稲田大学法学部卒。損害補償事件を中心に、依頼者に安心・納得・解決力をお届けします。
http://kuriwaki.jp/


 

~なぜですか?~

小学生くらいの子供は、法律上、自分の行為の結果、法律上何らかの責任を負うかの判断力が不充分と考えられていますので、責任無能力者として、その子供が直接損害賠償責任を負わないとされています(民法712条)。 この場合、監督者である親が監督義務を尽くしたことを証明しない限り、親が責任を負うとされています(民法714条)。子供の不注意については、親が責任を負うのです。
そして、犬が玉ねぎ中毒を起こすことは有名な話ですから、子供が犬に玉ねぎ入りハンバーグを与えてしまった場合、監督者としての親が責任を負うことになり、親が治療費を支払う義務を負うのです。

~予防も大事~

とはいっても、その子も悪気があってしたわけではないかもしれません。それに、そもそも、飼い犬が病気にならないのが一番です。なので、「えさをあげないで」などの看板を立てておくなど、予防策を取っておくようにしてください。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする