【そっくり犬】フレンチブルドッグとボストンテリアの違いってなに?【第30回】/なるほど!ワンニャン大図鑑!

【そっくり犬】フレンチブルドッグとボストンテリアの違いってなに?

Patryk Kosmider/shutterstock.com

クリンとした大きな目と横に広がった口が愛らしいフレンチブルドッグとボストンテリア。2つの犬種は、外見の共通点が多くよく似ています。しかし実際には別の犬種なので、当然ながら性格などには違いがあります。フレンチブルドッグとボストンテリアについて、見た目と性格の違いをまとめてみました。


目次


違い①見た目

フレンチブルドッグとボストンテリアは、外見がよく似ています。これにはちゃんと理由があり、両方ともブルドッグと他の犬種を交配して作り出されたからといわれています(諸説あり)。「大きな耳と大きな頭と大きな口」、「ブルドッグ系の鼻ぺちゃ顔」、「クリンとした大きな目」、「短いしっぽ」、「筋肉質で短毛種」といった外見の共通点がありますが、見分けるポイントがあります。 まず耳の形ですが、フレンチブルドッグは耳の先が丸く、一方のボストンテリアは耳の先端が尖っています。また顔立ちの違いとしては、フレンチブルドッグは四角い輪郭で、成長するにつれて皮膚のたるみが表れて独特のユーモラスな顔になります。 ボストンテリアは顔の皺が少なくすっきりとした印象です。さらに体毛の色にも違いがあり、フレンチブルドッグは「ブリンドル」、ベージュ系の「フォーン」、「クリーム」、黒と白が混ざった「パイド」など、毛色のバリエーションが豊富です。対してボストンテリアは、顔の中心線や腹の体毛が白で、そのほかは黒もしくは暗色の縞模様が入った、「ブリンドル&ホワイト」と呼ばれる特徴的なカラーリングをしています。加えて、ボストンテリアは、名前の通り品種交配にイングリッシュテリアが関わっているため、筋肉質ながらスリムでスタイリッシュな体型をしています。 顔立ちの違いや体型の違いは、成長するにつれてはっきりしてきますが、仔犬の頃は見分けが付かないこともあり、血統書の発行の際にDNA鑑定を行うこともあるといいます。

違い②性格

よく似ているけどやっぱり違うフレンチブルドッグとボストンテリア。耳の形と体毛の色、そして体型が見分けるポイントとなります。
また、愛嬌たっぷりなフレンチブルドッグと、思慮深いボストンテリアは、その性格に一番の違いがあるといえるでしょう。どちらの犬を飼うかで迷ったら、ブリーダーさんなどに相談してみることをおすすめします。

Lenka_N/shutterstock.com

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする