犬と猫の同居生活 失敗しないために必要なことは?【第111回】/ペットと暮らすトリビア

犬と猫の同居生活
失敗しないために必要なことは?


VP Photo Studio/Shutterstock.com

犬と猫がじゃれ合っている様子を見て、自分の家でも同居させてみようかなと考える方もいるでしょう。しかし、犬と猫の同居は決して単純なことではありません。よく検討してから同居させないと、双方にストレスを感じさせてしまいます。今回は、犬と猫を同居させる時に必要なことをご紹介します。


目次


犬と猫の違いを理解しよう

犬と猫が仲良く暮らすためには、飼い主がそれぞれの習性を理解しておく必要があります。まずは、基本的な性格から学びましょう。犬の場合は、群れで行動することに慣れており、群れの中でもランクを付けて順番を決めます。飼い主でも「自分より格下の存在だ」と愛犬が見なせば、言うことを聞かなくなるなど、順番の意識が態度に表れます。また、群れの縄張りを守ろうとする意識が高かったり、構ってもらうのが好きだったり、昼間に行動したりといった特徴があります。

一方猫は、集団よりも単独行動を好む生き物。誰かに従うことが苦手で、常にマイペースな子が多いです。自分の縄張りを守る意識は強く、自尊心が高いことも猫の特徴です。基本的に夜行性のため、昼間は寝て、夜に行動が活発化します。

このように、犬と猫の習性は対照的です。活動のスタンスや活動時間が異なる上に、それぞれの縄張りを守る意識が強いため、一見相容れないようにも見えます。しかし、それぞれの個体の性格は違うため、意外と仲良くできることも。一緒に暮らすには、お互いの相性を見ることも忘れないでください

 Chendongshan/Shutterstock.com

犬と猫 それぞれの住環境を整えよう

一緒に住むからといって、寝る場所も部屋も全部同じにしてしまうと、お互いにストレスを抱える原因になってしまいます。同居しているうちに犬と猫が仲良くなっても、寝床は別々に作ってあげましょう。一人でいられる空間があるだけで安心感が違います。単独行動が好きな猫のために、犬に邪魔されない寝床を作ってあげると良いかもしれません

犬と猫でそれぞれ用意するものも異なります。犬にはケージや小屋、寝床となるクッションやベッド、トイレ、ご飯用の食器などが必要です。猫には寝床用のクッションやベッド、トイレ、ご飯用の食器、爪とぎなどが最低限必要です。さらに、猫は高い場所を好むため、キャットタワーがあると喜んで遊びます。犬にも犬用のおもちゃを与えて、一緒に遊んであげてください。また、犬と猫のトイレは少々仕様が異なります。犬にはトイレシーツを敷いたもの、猫には猫砂を入れたトイレを用意しましょう。

犬が先、猫が後が理想

習性の違う犬と猫が仲良く暮らすには、お互いの居場所を確保するほかに、じつは飼う順番が非常に重要です。飼い犬、飼い猫の相性が良いことも仲良くなる条件ではありますが、飼う順番に気を付けるだけで、同居がうまくいく可能性はうんと高くなります。

そこでおすすめしたいのが、犬を先に、猫を後にという順番で飼うこと。その理由は、犬には集団行動が得意という習性があるからです。集団の中に後から入ってきたものは後輩となり、犬は自分を先輩と考え、後輩の面倒を見ようとします。飼い犬がメスであれば母性本能も働いて、より面倒を見る傾向が強くなるでしょう。

こういった関係を築くことができれば、犬と猫は仲良く暮らしてくれるはず。うまく同居できている家庭では、飼う順番を守ったことが成功の要因なのかもしれませんね

犬が先、猫を後にという順番でなくても、仔犬と仔猫の組み合わせならば、同時に飼うこともおすすめできます。まだ成長し切っていないため、最初から一緒に住まわせてしまえば、お互いを仲間と思う意識が強くなります。大きくなってしまうとそれぞれの自我がぶつかり合って、相手を受け入れることが難しくなってしまいます。

無理に仲良くさせないほうがいい

飼い主としては、犬も猫もケンカせずに穏やかに暮らしてくれるのが理想ですよね。しかし、人間同士でも交友関係がうまくいかないことがあるように、動物の世界でも仲良くなれないものはいます。これは相性の問題で、性格的に合わない以上、仲良くさせるのは至難の業です。そういう時は、無理やり同じ空間で二匹を生活させるのではなく、程よく距離を取って、そっとしておいてあげるのがベスト。飼い犬と飼い猫のためを思うならば、無理強いするような行為は控えましょう
また、初対面の際には、お互いにどういう存在なのかが分かっていないので、ケンカを始めるおそれがあります。その時は、すぐに二匹を引き離して様子をうかがいましょう。初めての段階なので、ここで「相性が合わない」と決めつけるのはまだ早いです。毎日少しずつ二匹を対面させて慣れさせていくと、徐々に仲良くなる可能性があります。ただし、それでも仲良くなれないケースがあることを頭の中に入れておいてください。

犬と猫を同居させることは想像以上に大変で、最初はきっと苦労の連続でしょう。決して飼い主のエゴだけで飼ってはならず、優先すべきは犬と猫の気持ちです。先住の子がいれば、その子のことも考えた上で検討してみてください。

 Gladskikh Tatiana/Shutterstock.com

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする