犬がところ構わず「穴掘り」する謎 その理由を探ってみた【第107回】/ペットと暮らすトリビア

犬がところ構わず「穴掘り」する謎
その理由を探ってみた


 fongleon356/Shutterstock.com

外でも家の中でも、愛犬が熱心に穴を掘ろうとしているのを不思議に思ったことはありませんか?家具を傷つけられるおそれもあるので、とりあえず叱っているという家庭も少なくないでしょうが、犬の穴掘りにはちゃんと理由がありました。今回は、犬が穴を掘る行動の真相をお伝えします。


目次


犬が「穴掘り」する理由

公園や広場で愛犬を遊ばせている時、突然ガリガリと穴を掘り始めることがあります。この行動は家の中でも起こり、クッションやカーペットに穴が開いてしまった……という家庭もあるでしょう。できればやめてほしい犬の穴掘りですが、その行為の理由は一つではありません。

 Javier Brosch/Shutterstock.com

1.野生の本能

野生の犬は、巣穴を作ってそこで生活をします。もし愛犬が、自分の寝床で穴を掘っていたら、それは野生の記憶が残っているからです。穴を掘った後にくるくる回っているのも、自分の足で寝床を平らにし、寝心地を良くするための本能行動とみられます。

2.暑さを和らげたいから

犬は土の中が冷たいことを知っています。暑くてたまらない時には、涼しい寝床を作るために穴を掘ることもあります。

3.大事なものを残しておきたいから

自然界ではいつ獲物を捕まえられるか分かりません。食べ物を残しておくために、犬は穴を掘って、そこに獲物を隠していました。飼い犬でも、自分の好きなものを見つけたら、穴に埋めようとするかもしれませんね。

4.獲物を見つけたから

外で土をガリガリ掘り返していたら、そこに気になるものを発見したからかもしれません。犬種によっては、小動物を獲物にしていたものもいるので、つい本能が出てしまうのです。

5.穴を掘ることが楽しいから

穴掘りを楽しい遊びだと考えている犬は多いでしょう。悪気はないのでしょうが、エスカレートすると家のいたるものがボロボロになってしまうため、気をつけなければなりません。

6.暇だから

飼い主が遊んでくれない時、一人で何もすることがなく退屈を感じたら、暇つぶしのために穴を掘る犬もいます。愛犬が暇そうにしていたら、なるべく構ってあげると穴掘りを改善できるかもしれません。

7.自己アピール

暇な時と同様に、飼い主に構ってほしいと感じた犬は、飼い主を振り向かせるために穴を掘ります。また、外で土や草を後ろ足で蹴り上げるのは、ほかの犬に対するマーキングです。犬の後ろ足の指の間からはニオイの出る物質が放出されており、それを土にこすりつけることで、自分のニオイを拡散することができるのです。

8.運動不足

犬が運動不足に陥ると、カラダだけではなく精神面も元気がなくなります。その結果、精神が不安定になり、不安な気持ちが前に出て穴を掘る行為につながってしまうことも。あまり散歩に連れていっていないと思ったら、ぜひ外へ連れ出してあげてください。

9.ストレス

犬は不安を感じると、「カーミングシグナル」といって、気持ちを落ち着かせる合図を出します。周囲に自分が不安に感じているというSOSを出しながら、自分の心を落ち着かせようとする行為です。なかなか穴掘りが治らない場合は、ストレスが原因になっていることも疑ってみましょう。

愛犬の穴掘りは止めるべき?

犬が穴を掘るのには、様々な理由があることが分かりました。しかし家の中でクッションやソファ、カーペットの上など、ところ構わずガリガリされるのは、飼い主にとって困りものです。やはり、穴を掘る理由によっては、止めさせたほうが良いかもしれませんね。
たとえば、穴を掘ることを楽しい遊びだと考えていたり、単に飼い主の気を引きたいだけだったりする場合は、きちんと叱ることが大事です。「穴を掘ることは悪いこと」と覚えさせれば、家の中のものがガリガリと傷つけられることは少なくなります。
飼い主の留守中に穴掘りをしてしまう場合は、よく愛犬が穴を掘るところに保護シートを貼っておくことも対処法の一つです。根本的解決にはなりませんが、愛犬から目を離してしまう時間の応急処置として活用してみてください。
一方で、運動不足やストレスが理由だと思われる場合は、その原因を解消してあげる必要があります。最近は忙しくて、あまり散歩に連れていくことができないという家庭では、一回の散歩時間を長くして、愛犬を思う存分運動させましょう。また、頻繁に穴掘りをするようになったら、それは愛犬がストレスを感じている合図かも。愛犬が一人ぼっちの時間は長くないか、狭いゲージの中に閉じ込めていないかなど、愛犬の環境を見直してみてはいかがでしょう。

穴堀りを行う原因は、飼い犬の性格や周りの環境によって異なるため、一概にこれが理由とはお伝えできませんが、まずは愛犬と向き合って理由を探ろうとすることが大切です。穴を掘り始めたら、とにかく叱りつけるのではなく、愛犬の気持ちを理解しようと歩み寄ってみてください。これが、穴掘りを止めさせる第一歩かもしれません。

 Sundays Photography/Shutterstock.com

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする