ペットの火葬直前に業者に予定外の高額請求され、やむを得ず払ってしまった! これって訴えられますか?【第39回】/ペットを守る法律アレコレ

質問

最初は安価な値段で火葬ができると言われていたのに、ペットの火葬直前に業者に予定外の高額請求され、やむを得ず払ってしまった!
これって訴えられますか?

 

 

 

答え

消費者契約法により契約を取消すことができるかもしれません。早めに消費生活センターや弁護士に相談されることをおすすめいたします。


kuri
この記事の制作・監修
栗脇法律事務所 栗脇康秀弁護士
福岡県弁護士会所属。早稲田大学法学部卒。損害補償事件を中心に、依頼者に安心・納得・解決力をお届けします。
http://kuriwaki.jp/


 

~悪質な業者~

現時点(平成30年)では、ペットの火葬業を規制する法律はありません。そのためか、悪質な業者の話をよく聞くのも事実です。なので、まずは自己防衛として、悪質な業者がいるということを頭の片隅に入れておいてください。
そのような悪徳業者のやり口としては、当初は安い値段を言っておき、その後に様々なオプション料金を請求したり、ペットの遺骨を返そうとせず、返却する代わりに追加料金を請求したり、というパターンがあります。

~早めに相談を~

もっとも、消費者契約法のどの取消事由に該当するのか、という点については、契約締結に至る経緯等の具体的な状況によります。また、消費者契約法が適用されて契約自体を取り消せるとしても、悪質な業者の場合、ご自分で交渉されても返金に応じないことがほとんどです。
このため、返金を求める場合には、弁護士等の専門家に依頼したほうがよいと考えられます。
また、お住まいの地域の消費生活センターでもそうした相談自体は受け付けており、悪質な業者については消費生活センターが情報を把握していることが多いのですが、消費生活センターも、個別の事案については弁護士に依頼するように指導・助言することが多いようです。

~悪徳業者に騙されないために~

このように、残念ですが、あとから取り戻そうとしても難しいのが現実です。なので、悪徳業者に騙されないように、複数業者から見積もりを取る、代金総額を書面で提出してもらう、等の事前予防が必要だとお考え下さい。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする