猫はハンモックが大好き!愛猫が喜ぶハンモックの選び方について【第37回】/ペットのお悩みなんでも大百科

猫はハンモックが大好き!愛猫が喜ぶハンモックの選び方について

猫は高いところを好む傾向にありますが、これは遠い昔から受け継がれている習性で害虫などから身を守るためなどの理由があると言われています。また、同じ高いところでも身を隠せる場所であればより良いようです。それらの要素を満たすハンモックは、愛猫に安心して暮らしてもらうためにも是非用意しておきたいアイテムです。ハンモックは猫の年齢や種類によってふさわしいものが変わってきます。今回は、猫の年齢や種類を踏まえた上でおすすめのハンモックをご紹介します。


 

目次

ハンモックの種類と選ぶときの注意点

ハンモックには様々な種類があります。例えば、ケージ内に設置するタイプやキャットタワーと一体化しているタイプ、壁や窓、椅子などに取り付けられるタイプなどです。ハンモックを選ぶ際は、愛猫の種類や重さについて確認しましょう。体重制限が設けられているものもあるため、適切なものを選んであげないとケガなどに繋がる恐れがあります。また、キャットタワーと一体化しているものを選ぶのであれば、組み立てがシンプルなものを選ぶのが基本です。タワーと一体化しているハンモックを購入する際には、ついでにタワーも交換しようと考える人もいるでしょう。その場合は、無償で今使っているタワーを引き取ってくれるかどうか確認しておくと安心です。ではここから、猫の年齢や種類ごとにおすすめのハンモックをご紹介していきます。

やんちゃな子猫におすすめのハンモック

子猫は、とにかく好奇心が旺盛で運動量が多いです。好奇心が警戒心を上回り、無茶な行動を取ってしまう子も少なくありません。まさに怖いもの知らずと言って良いでしょう。そのため、あまり高い位置にハンモックを設置することはおすすめできません。子猫のためのハンモックとしては、事故のリスクが低いものを選んであげるのが理想です。子猫のこうした特徴を考慮すると、ケージ内に設置できるタイプのハンモックがおすすめです。ケージ内のハンモックなので安全性が高いですし、飼い主の好きな位置に設置できるのでよく目が届く場所に置くことも可能です。また、他のケージに比べると安価で購入しやすいというメリットもあります。


イオンペットおすすめの猫用ハンモックはコチラから!

7歳からは注意が必要!シニア猫におすすめのハンモック

猫の寿命を考えると、7歳はもうシニアと言っても良い年齢です。7歳くらいになると徐々に運動量が落ちて足腰も弱くなります。そのため、安全のためにハンモックの位置も徐々に下げてあげた方が良いでしょう。また、猫は定位置を好む傾向にあるため、頻繁にハンモックの場所を変えてしまうと落ち着きません。キャットタワーと一体化しているタイプのものであれば、位置が安定しやすいのでおすすめです。シニア猫のハンモックとしてキャットタワーと一体化しているものを選ぶなら、高さの低い据え置きタイプが良いでしょう。定位置として安定する上に、シニア猫でも安全に登ることができます。
イオンペットおすすめの猫用ハンモックはコチラから!

運動量が多い短毛種におすすめのハンモック

短毛種の猫は、他の猫と比べると野生の部分を多く残していると言われています。そのため、俊敏で動きが活発である傾向が強いです。品種でいうとアビシニアンやシンガプーラなどが代表的です。短毛種は運動能力が高いので、ハンモックが高い位置にあっても簡単に登ることができます。天井までの突っ張りタイプのキャットタワーを用意した上で、そこにハンモックを設置してあげるのが良いでしょう。高い位置にハンモックを設置するのが難しいのであれば、最初から高い位置にハンモックが設置されているタワーを選びます。短毛種の猫は活発に動くことができる場所があると喜んでくれることが多いです。ハンモックも高い位置にある方が積極的に使ってくれるでしょう。


イオンペットおすすめの猫用ハンモックはコチラから!

抜け毛が多い長毛種におすすめのハンモック

長毛種の猫は、一般的に温厚な性格の子が多いです。ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンなどが代表的で、比較的体格が大きな猫であり、短毛種の猫のように活発に動き回ったり。高いところに何度も登ったりというような行動を起こすことはあまりありません。また、抜け毛が多いという特徴もあります。換毛期に入るとかなり抜け毛の量が多くなるため、飼い主は掃除をしやすい環境を作ることが大切です。体格の大きな猫が多い長毛種の猫のためのハンモックには、広さが求められます。ある程度ゆとりを持って愛猫がくつろぐことができるスペースのある独立型のハンモックを選びましょう。高い位置に設置するタイプのハンモックは掃除も大変ですから衛生面や掃除の手間暇のことを考慮しても、長毛種の猫には独立型のハンモックが適していると言えます。


イオンペットおすすめの猫用ハンモックはコチラから!

季節も考慮してさらに快適な寝床に

ハンモックは、季節に合わせて素材を変えてあげると猫にとってより快適な寝床になります。例えば、夏であればひんやりとした素材で作られたものを敷いてあげたり、冬ならモコモコとした素材のものを敷く、下に電気ヒーターをつけるなどの工夫をしてあげると猫が快適に過ごすことができます。季節対策のことを考えると、ハンモックは1年中使うことが可能なリバーシブルタイプが便利です。

最近は、窓に設置するタイプのハンモックも人気があります。窓台に置いたり、吸盤に貼り付けるだけなので設置は簡単です。窓に設置するタイプのハンモックは、冬になると日向ぼっこに使えるという特徴があります。冬以外も外の観察ができるので猫のお気に入りの場所になることも多いです。室内のスペース効率を良くすることができるため、こういったハンモックもおすすめです。

猫の種類と年齢に合ったハンモックを選ぼう!

どんなハンモックがふさわしいかは、猫の種類や年齢によって異なります。飼い主は、猫が安全かつ快適に過ごすことができるハンモックを種類や年齢を踏まえてしっかりと選んであげましょう。ハンモックを長く使ってもらうためにも、愛猫にピッタリのものを選んであげることが大切です。

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする