犬が笑うのはうれしいから?それだけじゃない意外な理由も!【第106回】/ペットと暮らすトリビア

犬が笑うのはうれしいから?
それだけじゃない意外な理由も!


Ksenia Raykova/Shutterstock.com

愛犬の表情を見ていると、ふと人間が笑うのと同じような顔をすることに気づきます。インターネットの画像などで犬が笑っているような表情を見かけることもあるでしょう。 こういった犬の笑い顔は見ているこちらまでほほえましく感じられますが、どういう意味があるのでしょうか?どうやら笑顔だからといって人と同じようにうれしいだけではないようです


目次


犬が笑う理由①うれしい・楽しい

愛犬が笑う理由は一つではありませんが、人間と同じようにうれしかったり、楽しいから笑っている場合が多いようです。犬はおかしいことがあっても声を上げて笑うことはありません。しかし、うれしい時にニッコリ笑顔になることはあるのです。
犬にも人間と同じように口や目を動かして表情を変えられる表情筋という筋肉があります。これを動かして笑顔も作れますが、厳密にいうと人間の笑顔と犬の笑顔は違います。
人間の笑顔というのは、口角が横に広がり上がった状態を指します。また、口角を上げて歯を見せているのも笑顔の表情です。 一方、犬の笑顔(と思われている)の表情は、じつは人間とは多少違いがあり、その意味も若干違います。 犬が口を軽く開けていると笑っているように見えますが、これは「リラックス」している表情。口を大きく開けて歯を見せる表情もリラックスしている証です。笑顔とリラックスはやや異なる感情ですが、どちらもポジティブな気持ちを表しているといえます。
また、目を細めて飼い主さんを見たりまばたきしたりするのは、友好のサインを表しています。大好きな飼い主さんと一緒にいられて幸せいっぱいなのかも知れませんね。

 Monika Vosahlova/Shutterstock.com

犬が笑う理由②カーミングシグナル

犬は自分自身を落ち着けるしぐさとして「カーミングシグナル」を持っています。カーミングシグナルは基本的には「ストレスサイン」とも呼ばれ、自分がストレスを感じた時に気持ちを落ち着かせたり、相手を落ち着かせようといった意味のある行動です。
カーミングシグナルの一環として表情で相手に気持ちを伝えるために、笑った顔で楽しい気持ちを伝えるということがあるようです。遊んでいる時などに、飼い主さんに向けて笑顔のような表情を向けているなら、本当にうれしい、楽しいという気持ちを伝えてくれているのでしょう。

犬が笑う理由③服従している

犬が笑ったような表情を見せる理由として意外なのは、相手に服従しているというサインです。犬が笑うように見えるのは、敵意がないことを示し、ケンカを避けるために自分も相手も落ち着かせようとするカーミングシグナルの場合があります。
とくに慣れていない犬や人に会った時に行うことが多く、恐怖心を抱いていることも。舌を出して口角を横に引いた表情は笑顔っぽくも見えますが、荒い息遣いをしている時は怖がり、相手に服従の意志を伝えようとしているのかも知れません。 強いストレスを感じている可能性もあります。牙を見せるとケンカをする時の表情になってしまうため、この時には牙は見せないようにしています。

犬が笑う理由④飼い主のマネ

愛犬が笑顔になるのは飼い主さんがいつも笑顔でいるからかも知れません。犬は表情を学習することも、それをマネすることもできる動物です。本能的にやっているのではなく、飼い主さんの表情を見て、学習して笑えるようになることもあります。
犬は集団で暮らす動物で、群れのリーダーである飼い主さんの感情には敏感です。そのため、飼い主さんの表情もしっかりと見ています。楽しい時にはこういう表情をするものなんだ、と愛犬は飼い主さんの顔を見て学びます。そして、自分も楽しい時やうれしい時に同じような表情を浮かべて見せることができるようになるのです。愛犬に笑顔になってもらいたいならば、飼い主さん自身が楽しく笑った顔で接してあげると良いかも知れません。
笑顔の表情は犬ならばどの子でもできるというわけではありません。犬種によっては笑ったような表情が作りにくいこともあります。長毛の犬種は顔の表情が分かりにくいため、笑った顔があまり見えないようです。反対に短毛の犬種はもともと顔の表情が見えやすくなります。
笑顔が見えやすい犬種としては、以下があります。
・チワワ
・ポメラニアン
・柴犬
・プードル
・ゴールデンレトリーバー
顔の被毛が短く、もともとの顔の作りや表情が分かりやすい犬種です。

愛犬が笑ったような表情を浮かべる姿は可愛らしく、見ている方までうれしくなってしまいます。犬も笑顔のような表情を作って、自分のうれしい気持ちや楽しい気持ちを伝えようとしていることはあるようです。毎日飼い主さんが笑顔で接することで犬も笑顔を学びます。 毎日笑顔で過ごし、愛犬のうれしい気持ちと笑顔を育てましょう。犬も幸せな気持ちになれて飼い主さんは可愛い笑顔を見ることができ、まさに「笑う門には福来る」です。

 Droidfoto/Shutterstock.com

この記事が良かったら もふるボタンを押してね

この記事をシェアする