にゃんにゃん編集部

猫,あくび,
ペットと暮らすトリビア

うちの猫のあくびが多いけど、だいじょうぶ?【第54回】

編集部 まめお | 2018年06月26日


0

うちの猫のあくびが多いけど、だいじょうぶ?

 

大きな口を開けて、気持ち良さそうにあくびをする愛猫の姿。平和な光景でなんだか癒されますよね。しかし猫はよく眠る動物とはいえ、あくびの回数がやけに多いと「何か病気じゃない?」と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。こちらでは猫とあくびの関係をご紹介していきます。

目次

  1. 眠い時
  2. 活動スイッチを入れる時
  3. 不安や恐怖を感じている時
  4. 不満がある時
  5. 興奮を鎮めたい時

猫はどういう時にあくびするの?

人間は眠い時や退屈な時にあくびをしますが、じつは猫は様々な場面であくびをします。あくびの理由にはいくつかあるため、猫の表情や状況を見ながら「今どういう気持ちなのか」を判断すると良いでしょう。それでは具体的にどんな時にあくびをするのか見ていきましょう。

1.眠い時

目をしっかり閉じてあくびをしている時は、人間と同じく眠い時です。猫は一日の大半を眠って過ごすため、眠たいと感じることも多いのでしょう。安全な状況下で出るあくびなので、「リラックスしている」「落ち着いている」という証拠でもあります。

2.活動スイッチを入れる時

起きた直後に背伸びをしながらあくびをしている時は、酸素を取り込んで脳とカラダを活性化させようとしています。まさにこれから活動するための準備運動だといえるでしょう。また、「よく寝た」という満足感も表しています。

3.不安や恐怖を感じている時

目を開けたままあくびをしている時は、ストレスを感じている証拠。あくびをすることで緊張をほぐし、心を落ち着かせようとしています。大きな声で叱られている時や車に乗せられた時にあくびをするのは、必死にストレスを逃がそうとしているのでしょう。この行為は「転位行動」と呼ばれ、驚いた時や何か失敗した時などにも見られます。

4.不満がある時

怒りのプチ表現としてあくびをすることがあります。寝ている猫を触った時にあくびをしたなら、それは「やめてほしい」「放っておいてほしい」と思っているサイン。また遊んでほしいのに無視された時や、おなかが空いているのに触られた時など、ちょっとムッとした時にあくびをします。

5.興奮を鎮めたい時

遊びに夢中になった直後など、「ちょっと興奮しすぎたな」と感じた時にクールダウンとしてあくびをすることも。猫同士でケンカになった時などにも、緊張をゆるめて落ち着かせるためにあくびをすることがあります。

 


▲2017年6月イベント「うちの子、変ですか??」/okamuraさんの入選作品
「うちの子、変ですか??」入選作品発表!! 詳しくはこちら

猫のあくびが多いと何かの病気?

猫は様々な理由であくびをすることがわかりましたが、あまりにも頻繁にしていると「何かの病気かも」と不安になってきますよね。結論からいえば、あくびが直接関連するような病気はとくにありません。あくびが多いからといって、病気を心配する必要はあまりないでしょう。
ただあまりにもあくびの回数が多いようなら、猫に慢性的な強いストレスがかかっている可能性が考えられます。普段の生活や環境を見直してみましょう。常に大音量で音楽を流している、猫を叱ってばかりいる、あまり構っていないなど、猫が嫌がることを日常的にしていませんか?ストレスはあらゆる病気の原因となります。体調を整えてあげるためにも、根本的なストレスを取り除いて愛猫にとってより良い環境にしてあげましょう。
また、体調が悪いことがストレスになってあくびとして出てくる場合もあります。最近になって急にあくびが増えたという時は、鼻水やヨダレの量などほかに変わった様子がないかよく観察してあげてください。
そのほか毛玉を吐く前触れや、誤飲して吐き出したい時などにあくびをすることがあるため、様子を見て早急に対処しましょう。

猫の口内環境を清潔に保ちましょう

猫があくびをした時は、口内環境をチェックするチャンスです。とくに口臭がある時は、口内炎が発生したり、歯石や歯垢がたまっている、歯肉炎や歯周病を起こしているなど、口内トラブルが発生していることも。あくびをした時にすかさずニオイを嗅いだり、口腔内の写真を撮ったりして確認してみましょう。

口腔内チェックのポイントとしては、赤くなったり腫れたりしていないか、逆に青白くなっていないか、出血やただれのある部分はないか、口内炎や潰瘍は出来ていないか、歯がグラグラしたり欠けたりしていないか、歯茎の色は良いか、などが挙げられます。口臭の有無も確認しましょう。もし気になることがあれば、早急に獣医さんに相談してください。
また口内トラブルを防ぐために、普段から口内環境を清潔に保つことも大切です。猫ちゃん用のハミガキを試してみるのも良いでしょう。口臭がキツイ時は、フードを変えてみるのも方法のひとつ。口内炎などで口の中に違和感があるとあくびをすることも多くなるため、口内トラブルを起こさないように気を付けてあげましょう。
愛猫のあくびが多くてもそれほど心配する必要はありませんが、あくびは猫の気持ちやアピールの現れです。何か訴えていることやストレスがあるかもしれないため、日頃の生活を見直して問題点があれば解決してあげましょう。またあくび以外に気になる点があれば、獣医さんに相談してください。

 


▲2017年2月イベント「にゃんこ自慢大会 🐾 ~ガジガジ賞~」/marukoさんの入選作品
「にゃんこ自慢大会 🐾 ~ガジガジ賞~」 入選作品発表!!詳しくはこちら

 

<<前の記事 | ペットと暮らすトリビア | 次の記事へ>>

0