にゃんにゃん編集部

猫,発情,出産,時期,
ペットと暮らすトリビア

春に猫は発情する?猫の出産と時期の関係おしえます【第28回】

編集部 まめお | 2018年03月28日


0

春に猫は発情する?
猫の出産と時期の関係おしえます

 

猫が発情する季節は決まっており、それに合わせて出産時期も予想できます。猫を飼う方は猫の発情期を知っておくと、発情時の行動にもびっくりしないで済むでしょう。とくにメス猫は妊娠が伴うため、メス猫を飼う場合は覚えておきたい知識ですね。今回は猫の発情期の行動や、出産時期についてご紹介します。

目次

猫の発情期は春と秋!

猫が発情する時期には限りがあり、大体その時期は決まっています。先にメス猫が発情期を迎え、それに感化されたように、後からオス猫の発情期が始まるのが一般的です。メス猫の発情期は2~4月上旬までと、6~8月までの年2回。この時期が発情期のピークであり、その後は出産シーズンを迎えるのです。

発情期がこの2つの時期になる理由は諸説ありますが、今のところ日照時間との関係が大きいようです。2~4月にかけては、冬から春に変わる境目であり、徐々に日照時間が長くなっていきます。6~8月にかけても、一番日が照る夏へと移行する時期なので、さらに日照時間が増えますよね。大体、1日に12~14時間ほど日に当たると、メス猫は発情しやすくなると言われています。

また発情期が始まる年齢ですが、早い子だと生後5ヶ月くらいで初めて発情します。比較的短毛種の方が発情期を迎えるのが早く、一般的には生後7~9ヶ月ほどで発情し始めるようです。長毛種は、生後10~12ヶ月経った頃に、発情期がやって来ます。種類などによって個体差が生じるため、発情期が早くても焦らなくて大丈夫ですよ。

猫の出産時期

発情期に無事交尾が成功すると、メス猫は妊娠することになります。出産までの間は、赤ちゃんを迎え入れるために環境を整えておく準備があるため、どのくらい妊娠期間があるのか知っておくと行動しやすいです。猫の妊娠期間は約2ヶ月で、63~66日前後と言われています。発情の時期が2~4月、6~8月なので、妊娠のピークは春と秋になりますね。順調に出産までこぎつける猫もいれば、少し出産時期がずれ込む猫もいるため、ピークを過ぎた5月や11月に出産する子もいるでしょう。母子ともに健康であれば何の問題もないため、出産が遅くても心配せずに見守ってあげてください。

仔猫が産まれたら、室温管理に気を配りましょう。夏の場合は、27~28℃に設定しておくのが適温です。ただし、エアコンの冷風が直接猫たちに当たらないようにしてください。自然に風が通るくらいがベストですよ。冬は暖房器具やタオルなどで、猫たちが過ごしやすい温度を保ってあげるのがポイント。この時も、暖房の熱が猫たちに直接当たらないよう気をつけましょう。猫にとって、暑すぎず寒すぎずの気温が過ごしやすい環境です。できるだけ猫に配慮した室温を保ってあげてください。

猫の発情期の行動

飼い猫がいつもよりソワソワしていたり、普段よりも鳴き声が多くなったりしたら、それは発情期に突入した証拠です。発情しているメス猫は、カラダをすり寄せるような動作を頻繁にします。飼い主さんでも家具でも、何かとものにカラダをすりすりするのです。そうして甘えるような様子を見せて、独特な声で鳴き声をあげます。メス猫を飼っている方ならばお分かりだと思いますが、鳴き声のボリュームは大きく、かつ普段出さないような声で鳴くので、最初は少しびっくりするかもしれません。しかし病気ではなく生理現象なので、安心してください。

このような行動は、3~4週間の間隔で行われ、7~10日間は鳴き声をあげたり、ウロウロと動き回ったりするでしょう。そして日に日に食欲が失せ、行動もエスカレートしていきます。たとえば、鳴き声が段々大きくなっていく、または外に出たがるようになるなど、落ち着いていられなくなるようです。粗相も多くなるので、動向を注意して見守っておきましょう。

猫は出産スピードが速く、たとえ出産が終わったとしてもすぐに発情期を迎えます。繁殖能力も高いので、猫の出産は犬よりも安産の可能性が高いと言われているほどです。もし飼い猫が妊娠できる状態にあるのであれば、安易にオス猫と近づけてはいけません。「そんなすぐに子どもはできないだろう」と思っていたら、大間違いですよ。仔猫の飼育を望むなら良いですが、育てる覚悟もないのに妊娠させてしまうのはあんまりです。メス猫の飼い主さんは、自分の子が妊娠してしまわないように対策をとりましょう。

猫は発情期を迎えてから妊娠、出産し、その後は約1~3ヶ月で次の発情期がやって来ます。1回出産したからといって発情期が治まることはなく、多い猫だと1年で2、3回は出産可能です。産む仔猫の数も2匹以上なので、野放しにしているとすぐに仔猫が増えていく状態にあります。猫を飼う場合は、基本的に避妊手術を行ってあげるのが猫のためです。飼い主さんも仔猫を育てられないのならば、避妊手術を行った方が命をムダにしなくて済みます。大事な命を守るためにも、飼い猫の妊娠には十分気をつけましょう。

 

 

<<前の記事 | ペットと暮らすトリビア | 次の記事へ>>

0