にゃんにゃん編集部

猫,外出,お出かけ用品,
ペットと暮らすトリビア

外出に慣れてない猫ちゃんを旅行に連れていくときに気をつけるべきこと【第12回】

編集部 まめお | 2018年02月27日


0

外出に慣れてない猫ちゃんを旅行に連れていくときに気をつけるべきこと

 

旅行や帰省に愛猫も連れて行きたいけど、何を準備したら良いの?そもそも猫を旅行に連れて行っても大丈夫?とくに外出に慣れていない室内飼いの猫の場合は心配ですよね。こちらでは旅行時のリスクを最小限に抑える、おすすめの方法をご紹介していきます。

目次

  1. キャリーバッグ
  2. ハーネス、リード
  3. 水とエサ(お皿)
  4. 猫用トイレ
  5. タオル
  6. コロコロ、粘着テープ、
    消臭スプレー(飼い主用)
  7. 7.迷子札

外出に慣れていない猫ちゃんの旅行はだいじょうぶ?

家を空ける時に、愛猫を置いていくのは心配ですよね。かと言って一緒に連れて行ってもいいものか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。犬はよく一緒にお出かけしている光景を見ますが、猫はあまり見かけませんよね。

基本的には、旅行に猫を連れて行くのはおすすめできません。外出に慣れていない猫ちゃんならなおさらです。
「犬は人につく」「猫は家につく」という言葉もある通り、猫は環境が変わることを極端に嫌う動物です。自分のテリトリー(家)から連れ出されると、大きなストレスを感じてしまいます。ちょっと出かけただけでもストレスで体調を崩してしまうことも。また、知らない場所に連れて行かれて、パニックを起こして逃げ出してしまうこともあります。

1~2日であれば、猫はお留守番もできます。できれば旅行には連れて行かず、外に連れ出すのは病院や引越しなどやむを得ない時だけにしておきましょう。

愛猫が旅行できる性格かチェックしておこう

しかし、近年では犬のように飼い主に懐いている猫もいるという話もあります。猫も個体によって性格が異なるので、場合によっては長時間のお出かけが可能なことも。どうしても旅行に連れて行きたい場合などは、お出かけが可能なタイプかどうかチェックしてみましょう。

そしてキャリーバッグを用意して、入ってもらいましょう。猫によってはキャリーバッグを見ただけで拒否反応を起こすタイプもいます。これは動物病院に行くなどキャリーバッグで嫌な思いをした猫に多いようです。できれば仔猫のうちから少しずつ慣らしておくと良いでしょう。
そのまま何度か外出したり中でごはんを与えたりして様子を見てください。乗り物酔いをしないかどうかも併せてチェックし、長時間の移動ができそうかどうか確認しましょう。乗り物酔いする時は、獣医さんに相談して酔い止めを処方してもらうこともできます。

旅行に連れて行く時、おすすめのお出かけ用品

ではいざ猫を連れて旅行に出かける時は、何を準備すれば良いのでしょうか。おすすめのお出かけ用品をご紹介していきます。

1.キャリーバッグ

移動時には必須のアイテムです。脱走の防止や猫を落ち着かせる役割があります。普段使っているものでも充分ですが、車のシートに固定できるタイプや宿泊先で広げてケージにもできるタイプもおすすめです。ただ閉めっぱなしで暑くならないよう、バッグの中の温度は常に気を遣ってあげましょう。とくに車の中では意外と温度が上昇することがあります。

2.ハーネス、リード

首輪とリードだけでは抜け出してしまう可能性があります。胴体に通すタイプのハーネスを用意しましょう。旅行中はリードに繋いでおくと、脱走の可能性をグッと下げることができます。ただいきなり着用させようとしても嫌がる猫ちゃんが多いので、普段から少しずつ慣れさせていきましょう。

3.水とエサ(お皿)

旅行先でも、いつもと同じ容器でいつもと同じエサをあげた方が猫も安心してくれます。エサや水は旅行の日数に合わせて充分な量を準備しましょう。猫の好きなおやつもおすすめです。お皿がかさばるという場合は、折り畳みできる簡易なものでもOK。水入れは状況によっては零してしまうため、飲み口のついたボトルタイプでも良いでしょう。

4.猫用トイレ

一番良いのは、普段から使っている猫用トイレと猫砂を持っていくことです。場所が変わってしまうと排泄できなくなってしまう猫もいるためです。難しい場合は、市販の猫用ポータブルトイレでも大丈夫。ニオイのついた猫砂があると安心です。

5.タオル

いつも寝床に使っているタオルや、飼い主や家のニオイがするタオルなどを持っていくと猫ちゃんを落ち着かせるために役立ちます。キャリーバッグの中に入れておけば、安心して眠ってくれるでしょう。寒さをしのぐ役割もあります。また宿泊先によっては猫が直接布団に乗ることを嫌がることもあるので、キレイで大きいタオルを一枚敷くと良いでしょう。ほかにもカラダを拭いてあげるなど何かと役立ちます。

6.コロコロ、粘着テープ、消臭スプレー(飼い主用)

旅行中は愛猫を抱っこする時間も長くなるので、衣類についた抜け毛を取るためのグッズを持っていくと良いでしょう。宿泊先などによっては猫の抜け毛を嫌がることもあるので、自分の服だけでなく布団やソファーもキレイにすることを忘れずに。同様に猫のおしっこのニオイを消すスプレーもあると便利です。

7.迷子札

旅行先では、常に脱走のリスクがついてまわります。猫が脱走してそのまま帰ってこなかったというケースも少なくありません。首輪には、必ず飼い主の名前や連絡先を記した迷子札を取り付けておきましょう。万が一の時にも帰ってくる可能性がグンとあがります。最近ではオシャレなデザインや小型で軽量なタイプなど様々な迷子札があります。

旅行中は留守番やペットホテル、ペットシッターに預ける選択肢もありますが、連れて行くという場合はしっかり準備をしておきましょう。猫ちゃんの負担をできるだけ少なくし、飼い主も愛猫も快適なお出かけになるようにしてください。

 

 

<<前の記事 | ペットと暮らすトリビア | 次の記事へ>>

0