にゃんにゃん編集部

海外特派員/イタリアからボンジョールノ

母の日にはお花を!イタリアで贈られる花【vol.90】

特派員 Makicina | 2018年05月08日


0

ボンジョールノ♪
すっかり春爛漫のイタリアから、本日はイタリアで贈られるお花をご紹介したいと思います。
こんな↓小ぶりの蘭の鉢植えは、こちらでは25€前後(※日本円で3,300円位)で売られていて、3か月位可愛い花を楽しめるので、イタリアでも贈り物として人気です。

夫婦でホームパーティー等に招待された時や、何かのお礼として持って行く事が多い花です。

蘭の他にも、その季節に咲く小さな鉢植えも、ちょっとしたプレゼントとしてよく贈られます。
今の季節なら、こんなベゴニアの花等が人気です。

こちらは、去年のクリスマスに頂いたモミの木を使ってアレンジした鉢植え↓

サーレさん、残念だけどソレはあなたの好きな猫草とは全然違うものなのよ(;^ω^)。

5月の第二日曜日には、イタリアでも日本と同じ様に母の日を祝います。母の日に贈る花としては、日本では「カーネーション」がポピュラーですが、イタリアでは特にどの花って決まっていないんです。
なので、我が家は毎年アザレアの花を贈っています。

母の日に、イタリア国内の町角や人の集まる広場等色々な場所で「ガン研究の為のチャリティー」を目的にアザレアの花が一斉に売られるんです。
お父さんをガンで亡くしている友人が、この村の広場で毎年鉢植えをボランティアスタッフとして販売しています。
1つ15€(日本円で1,700円位)と、普通に買うのと比べると3倍位のお値段ですが、勢いよく売れて私の村の広場では、毎年300鉢程のアザレアが5時間位で完売します。
イタリアに限らずヨーロッパでは、皆さんチャリティーにとっても積極的です。

母の日に義理母に届ける白いアザレア↑

花は贈る人も贈られる人も幸せな気持ちにしてくれますね。
本日は、イタリアで贈られるお花をご紹介しました♪

では、また。
チャオ!

<<前の記事へ | イタリアからボンジョールノ |次の記事へ>>

0