にゃんにゃん編集部

海外特派員/イタリアからボンジョールノ

世界共通?!猫の草【vol.43】

特派員 Makicina | 2017年04月11日


0

ボンジョールノ♪
桜の便りが待ち遠しい季節がやってきました♡
イタリアでも桜の花は綺麗に咲きますが、こちらの桜は日本のソメイヨシノとは種類が違います。

image1

初夏になると美味しいサクランボの実をつけてくれるんです。
今年も大好きなサクランボの季節が今から楽しみ♡

さて、今日は日本でもお馴染みの「猫の草」↓についてちょっと書いてみたいと思います。

image2

イタリアでも猫の草、もちろん売られてますよ。我が家の近くの大型スーパーでは、野菜売り場でこの「猫の草」を売ってるんです。

猫の草って世界共通なんでしょうか?どこの国の猫も同じ様にやっぱりこの草を食べるのかな??
今まで私が飼ってきた歴代のニャン仔の中にも「猫の草」が好きな仔と、全く興味を示さない仔がいましたが、サーレは大好きなんです。

image3

何で「猫の草」を食べるんでしょうね?ニャン仔達。
自分で毛繕いして飲み込んだ毛玉を吐出す為に「猫の草」を食べるって話も聞きますが、この説はうちの仔には当てはまらないんです。
サーレはこんなモコモコの体ですが、ほとんど毛玉を吐くことがないんです。

私が子供の頃は「お腹に虫がいるから、草を食べて虫を吐き出す」って聞いた事もありましたが、虫も仔猫時代に駆除したし。
サーレの場合は、ただ、好きだから食べてるみたいです。

image4

やっぱりニャンコにもたまには野菜が食べたくなるのかな?

このスーパーで売られている猫の草は、こまめに水をあげて世話をしても何故か一週間位ですぐに枯れちゃうのが難点。
そのうち、プランターで自分で種から丈夫な猫の草を栽培してみよう!簡単そうだし。

それでは、また。

 

<<前の記事へ | イタリアからボンジョールノ |次の記事へ>>

0