にゃんにゃん編集部

海外特派員/Ninoのバーミンガム便り

猫とお引っ越し(引っ越し後編)【vol.5】

特派員 Nino | 2017年06月12日


1+

こんにちは、バーミンガムのNinoです。
なかなか新居での段ボールの数が減りませんが、あせらずゆっくーり片付け中です。

引っ越し後、我が家の愛ネコ君チビは、一週間もしないうちにストレスで血尿になりました。

病んでます、彼。

原因は家の中に閉じ込めたことと、近所の猫達との縄張り争いかな?と。
新居の周辺には、飼い猫たちがワンサカいる事を引っ越し後に知りました…。

家の周りの日常風景。こんな猫たちをよく見かけます。

これは新しい猫用のドア。

引っ越し後一週間は新居に慣れてもらうために鍵を掛けて出れないようにしたら、チビの歯形が付いているのを発見!彼の切実な外出したーい気持ちの表れですね。

このドア磁石で作動するんですが、同じ磁石を首輪に付けている猫が近所にいたんです。だから、よその猫も家の中に出入り可能!磁石が無くても、勢いで突進して入ってくる猫も。うわ-、強烈!(最近は、侵入者の出現が少なくなりましたけど。)

ツナ缶が首輪(首輪に磁石が付いてます)にくっついたりもします(笑)。

血尿を病院で診てもらうと、環境の変化からのストレスだろうという診断。やっぱり…。
そしてこれを機に、以前から気になっていたペットのマイクロチップ登録もしました。マイクロチップはコメ粒ほどの大きさでしたが、注射の針は結構太かった気が…。今回の診療中2回も注射を打たれたチビ。そして、動物病院では大型犬とのご対面で顔が常時引きつってました。

マイクロチップ登録の証明書です。

引っ越してから気付くことってたくさんありますよね。結局、チビのためにと思って外出禁止にした事が返って裏目に出てしまい反省….。

今は、すっかり元気になりましたよ。環境の変化に少し慣れてきたような。縄張り争いはここにいる限り避けられないので、チビに頑張ってもらうしかありませんね!
次回は、ローカルドッグショーのお話です。お楽しみに!
最後に今回のお気に入りは、また小人の家を発見したことです。写真の奥の方に住人も発見!

それでは、また!

<<前の記事へ| Ninoのバーミンガム便り |次の記事へ>>

1+