にゃんにゃん編集部

ここ行ってみました!

猫を上手に撮るコツをプロカメラマンさんに教えてもらいました!<パート2>

編集部 コネイコ | 2017年08月10日


1+
koneiko

こんにちは!編集部のコネイコです。
私は、「すごい!」と噂があるところに行って、
見て聞いたことをみなさんにお伝えするわ。

 

今回は、『猫と本 Miaw』へ行ってみました♪の〈パート2〉よっ!

プロカメラマンの『猫と本 Miaw』原田さんに
上手に猫ちゃんを撮るためのコツについてお聞きするわよ!!

koneiko あたしのお友達で猫ちゃんの写真を送ってくるコがいるんだけど、残念な写真になってる事が多いのよね~。
お家の猫ちゃんを上手に撮るのに
必要な準備
って何かあるの?

家猫ならお気に入りのおもちゃを使うといいですよ。
あと、2人1組で1人がおもちゃ、1人がカメラという具合に家族と協力して撮るのもコツですね。

koneiko なるほど、おもちゃね!…でもおもちゃって難しくない?猫ちゃんの気を惹こうと、あたしが猫じゃらしでオモシロイ動きをするといつも逃げられちゃうのよね。
かなり魅力的な動きをしてると思うんだけど…。

猫じゃらしを顔の前でやったり、むやみに変な動きをしてもダメですよ。猫は予測できない動きが怖いんです。まずは猫の目線に合わせて、安心させてあげることが大事です。そしてある程度猫が予測できるような動きをしてあげてください。猫じゃらしのチラ見せなんかは効果のある動かし方ですよ。バッタのようなぴょんぴょん飛ぶ動きも好きみたいですね。

他にはほめてあげるのもいいですね。ご機嫌をうかがいながら優しく声をかけてあげたり、おやつをあげて猫にとっていい時間にしてあげるのもいいかも。

koneiko 確かに~。ほめられて、おやつもらって、あたしならどんどん撮ってほしいかも。
猫ちゃんの気持ちの作り方はわかってきたわ!
原田さんの写真って猫ちゃんだけじゃなくて、背景なんかもオシャレなのよね~。どうして??


光の加減ですかね。
蛍光灯より、自然光で撮ったほうが雰囲気も出ます。
ちょっとプロ目線で言うと、室内で蛍光灯を使う場合はシャッタースピードを変えたりしますね。

あとは、背景はシンプルなほうがいいですよ。
そのほうが猫が映えるんです。

koneiko あ~。友達の写真って、背景に洗濯物の山が写ってたりして生活感丸出しなのよ。部屋を片付けるって大事ね

写真撮りながら足をぶつけて痛がってる間に猫が逃げたり…。
片付け、大事です。
片付けといえば、猫の顔も。“目やに”や“鼻くそ”って目立つので、とってあげたらいいですね。

koneiko あ〜、友達の猫ちゃん鼻くそ付いてたわ…。
それで可愛いでしょ?って言われても、なんだかねぇ。

koneiko …では気を取り直して、猫カフェやノラ猫などのお初猫ちゃんを撮るときのポイントってあるのかしら?

これもまずは安心させることじゃないかな。距離感もとっても大事です。ノラ猫の場合はパーソナルスペースに敏感なので、ギリギリのラインを見極めることが必要。カメラが何なのかわからないので声をかけて安心させたり、指の匂いを嗅がせたり、時間をかけて心を開いてもらうといいですね。特にやっちゃダメなのが目を合わせること。
『決闘のスタート!』になっちゃいますよ!

koneiko ノラ猫ちゃんを見つけると、いつも追っかけちゃってたわ。だから猫ちゃんたち、あたしを見ながらお尻がいつでも逃げる体勢だったのね!

「猫が好き~~」ってオーラを出し過ぎちゃうと、猫は引いちゃいますよ。自分を抑えて、「気にしてませんよ~」ってくらいが丁度いいかもしれませんね。
あとはゆっくり瞬きをしてみてください。
社交的な猫は仕返してくれますよ

koneiko いつも「好き!」「好き!!」って言ってるのに男の子たちが寄ってこないのって、もしかして引かれてたのかしら??今度、ゆっくり瞬き実践してみよう~っと♪

次回も引き続き写真を撮るコツについてお聞きするわね!!

 

猫と本 Miaw
〒750-0007
山口県下関市赤間町3-41 アサビル2F
TEL:083-265-5375
https://www.facebook.com/nekotohonmiaw/
(入店は中学生以上可)

<<前の記事 | ここ行ってみました! | 次の記事へ>>

 

1+