にゃんにゃん編集部

国内特派員/てんとこはるの日向ぼっこ

ナイアガラの滝【第45話】

特派員 てんぱる | 2017年08月04日


2+


てん「なんか外でおっきい音するのうるさいなぁ」
こはる「もう夜やゆうのになぁ」
てん「なんなんやろ?」


こはる「あれは花火の音やわ」
てん「わぁ!すごいわ!こはるねぇも見てみ、なんか花が空に咲いてるみたいやわ」
こはる「あれが花火やで」
てん「すごいなぁ、めっちゃおっきいやん!なんか時々変な形のもあるで」
こはる「面白いなぁ」


てん「もっと近くで見たらどんななんやろなぁ?」
こはる「たぶん耳がつぶれるで」
てん「めっちゃおっきい音やもんなぁ」


こはる「パパさんが子どもの時、友達ともっと近くで見に行かはったんやて」
てん「耳つぶれはったん?」
こはる「それは知らんけど、なんか仕掛け花火とかいうのもやってはったんやて」
てん「どんなん?」
こはる「なんかな、ナイアガラの滝とかいって火が滝みたいにジャーってなるんやて、パパさんはそれが好きらしいで」
てん「なんか面白そうやな」


こはる「花火の時はお店もいっぱい出てパパさん友達とアイスクリーム食べる勝負して一番にならはったんやて」
てん「どんなん勝負?」
こはる「アイス何個食べられるかって勝負」
てん「パパさん子どもん時からアホなことやってはったんやなぁ、で何個食べはったん?」
こはる「10個食べはったらしいで」
てん「すごいなぁ!」
こはる「けど、家に帰ってからお腹がナイアガラの滝にならはったんやて」
てん「何それ?」
こはる「お腹がジャーって・・・」
てん「お腹と言うよりウン・・・」
こはる「それ以上言わんでよろしいい!」

 

<<前の記事 | てんとこはるの日向ぼっこ | 次の記事へ>>

2+