にゃんにゃん編集部

国内特派員/てんとこはるの日向ぼっこ

ほめ言葉【第31話】

特派員 てんぱる | 2017年03月10日


3+


こはる「もう!てんちゃんはほんまいつまでたっても子どもやなぁ!」
てん「そんなことないで」
こはる「全然ネコとして成長せえへんやん!」
てん「僕が悪いんちゃうねん。僕はほめられて伸びるタイプの子やから、僕を成長させるためにはもっとほめてあげんとあかんねん」
こはる「なにそれ?ほめてもらうのさいそくしてるん?」


てん「ほめてもらうとうれしいやろ?そういうのが僕を成長させるねん」
こはる「てんちゃんのどこをほめたら良いん?」


てん「いろいろあるやん」
こはる「たとえば?」
てん「あしが長いとか顔が小さいとか・・・」


こはる「なに?そのあたしに対する悪口みたいな・・・」
てん「そんなつもりはないで。たしかにこはるねぇはあし短いし顔大きいしすぐ怒るしトイレの砂かけるの下手やし・・・」
こはる「完全にそんなつもりやん!しかもさっきよりふえてるし!」

てん「こはるねぇはほめられて嬉しくないん?」
こはる「そんな事はないけど」
てん「なんてほめてほしい?」
こはる「そやなぁ、かわいいとか、きれいとか・・・」
てん「見た目じゃなくて性格的なとこは?」


こはる「うぅぅぅぅん、自分でも見当たらん」
てん「そやなぁ」
こはる「『そやなぁ』て、ひとに言われるとなんか腹たつわ!そうそう、パパさんには言われて嬉しくないほめ言葉があるんやて」
てん「なにそれ?!ほめられてうれしくないの?」
こはる「そやねんて、なんか女子に『私もパパさんみたいな人がお父さんやったらよかった』って言われるとショックなんやて」
てん「なんでやろ?」
こはる「なんかな『おっちゃんはそういう対象じゃないですよ』って軽くふられた気がするんやて」
てん「なんて残念すぎるパパさん」

 

<<前の記事 | てんとこはるの日向ぼっこ | 次の記事へ>>

3+